Sado travel 65617

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

北前船の寄港地として発展した小木海岸の入り江にある、佐渡の小さな集落「宿根木(しゅくねぎ)」。江戸時代に船大工により作られたという、独特の板壁の町並みが広がります。100棟ほどの建物の間を、迷路のような道が続きます。小一時間かけて歩く、大人の散歩道です。

JR東日本のCMでは「宿根木散策篇」として、女優の吉永小百合が歩いたことでも話題になった町並みです。佐渡を「エ」の形とすると、左下に位置する「宿根木」とはどんな町なのでしょうか?

ここまでの旅の様子は「佐渡旅行」からご覧ください。

「宿根木」の行き方・アクセス

Sado travel 63316

「宿根木」までは、バスやタクシーでも移動することができますが、恐らくレンタカーで行く方が多いでしょうか。両津港からだと、1時間半〜2時間弱くらいを見ておくのが良いと思います。佐渡は意外に広いのです。

「宿根木」への交通アクセスの詳細は「宿根木へのアクセス | 宿根木 公式ホームページ」を参考にしてください。

「宿根木」の歴史

「宿根木」には駐車場がありますので、レンタカーで訪れても大丈夫です。

Sado travel 63332

「宿根木町並み案内所」に係の方がいて、クルマを停めると「町並み保全協力費」への協力を求められます。

Sado travel 71742

100円です。もちろん協力します。

Sado travel 63346

これが「宿根木」の地図です。道は細く入り組んでいますが、小さな集落です。裏手は山になっていて、海に面して川に沿って小さく開けた場所だということが、歩いていると分かります。

住んでいる方もいるので、散策する時は静かにしましょう。

Sado travel 71734

ぼくが訪れた季節はほぼ閉館していたのですが、公開民家もあり、有料で入場できます。清九郎、金子屋、三角家と佐渡国小木民俗博物館の4つが入れて1,000円です(小人は500円)。

Sado travel 63356

吉永小百合が訪れ、三角家の前で撮影した写真のポスターも貼られていました。

Sado travel 71823

目の前は宿根木海岸です。

「宿根木」とは?

宿根木は、「小木の町人文化」形成に先駆けて、中世の頃より廻船業を営む者が居住し、宿根木浦は、佐渡の富の三分の一を集めたと言われるほど栄えた。やがて小木港が江戸幕府によって整備され、商業の中心が小木港へ移行すると、宿根木の者は、船主が先頭となり十数人の船乗りと共に、全国各地へ乗り出して商いを続けた。村には船大工をはじめ造船技術者が居住し、一村が千石船産業の基地として整備され繁栄した。

「宿根木」は、佐渡金山が繁栄した1661~1678年に廻船業の集落として発展したということです。独特な景観の町並みは、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

「宿根木」の町並みを写真で散策

2017年3月初旬の夕方に「宿根木」を訪れ、町並みの写真を撮影しました。

Sado travel 63612

Sado travel 63929

Sado travel 63959

Sado travel 64020

Sado travel 64118

Sado travel 64105

Sado travel 64149

Sado travel 64226

Sado travel 64514

Sado travel 64600

Sado travel 64852

Sado travel 64836

Sado travel 65138

Sado travel 65211

Sado travel 65403

Sado travel 65427

Sado travel 65525

Sado travel 65541

Sado travel 70438

Sado travel 65641

Sado travel 65936

Sado travel 70055

Sado travel 70345

Sado travel 70533

Sado travel 70619

Sado travel 70923

Sado travel 70932

Sado travel 71037

Sado travel 71203

Sado travel 71229

Sado travel 71323

Sado travel 71517

Sado travel 71552

特徴的な板壁の町並みには、新しい懐かしさのようなものを感じました。それは建物自体は古いけれど、見たことがないものを見たことから、そのように感じたのかもしれません。

ひっそりと息を潜めて残る町並みに、何を感じるか。建物の息遣いを感じながら歩く、大人の散歩道でした。最低でも1時間、できれば2時間はじっくりと散策したいものです。

ポートレートモードの写真(ボケのあるもの)はiPhone 7 Plusのカメラアプリで、それ以外の写真はProCameraで撮影しました。

=================
佐渡旅は「佐渡旅行」からチェック!
=================