Sado travel 60755t

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

佐渡というと、トキ、金山というイメージが強いです。しかし、佐渡旅行に行くといったら「新潟から佐渡までたらい舟で行くんですよね?」と言う人がいるくらい、同じようにたらい舟のイメージも強いようです。「たらい舟」はもともとは漁で使用されているもので、今では観光用のものもあるようです。

「たらい舟があるなら乗ってみるしかないではないか」と、そんな精神で、佐渡島の南西にある小木町の「たらい舟」の体験を訪れてみました。しかし、雨が降っていて天候はあまり良くないので「これで体験できるのかな?」と不安を感じての訪問となりました。

ここまでの旅の様子は「佐渡旅行」からご覧ください。

佐渡で「たらい舟」を体験!

トキをじっくり見ていたらすっかり時間を見誤ってしまい、小木港に到着したのは16時前くらいになってしまいました。天候が悪くて乗れないのではないかという心配もありましたが、それ以上に、この閑散期に既に営業が終了してしまっているのでは、という懸念も。

Sado travel 60309

クルマを駐めてすぐ近くの海に向かうと「たらい舟のりば」とありますが、わりと普通の桟橋です。

Sado travel 60316

やや風はありますが、波はそれほどありません。一縷の望みをかけてチケット売り場に向かいます。

Sado travel 60335

「たらい舟」は大人500円、小児300円です。体験としては10分くらいだと思いますが、観光地価格、観光地の体験としてはかなりお安いのでは?

Sado travel 60402

高速観光船や高速モーターボートも気になりますが、今回は時間がなく「たらい舟」のみとなります。事前の調査では「琴浦洞窟」が良さそうでした。5人で1万円ですので、チャンスがあれば挑戦してみたいです。

チケット売り場にいる男性に「たらい舟は乗れますか?」と話しかけます。

男性「雨は上がりましたかね?」
ぼく「雨が降っていたらやはり乗れないんですかね?」
男性「いえ、傘をさして乗ります」
ぼく「えええええ!?」

ということで、500円を支払い無事に「たらい舟」には乗船できることになりました。

Sado travel 60708

操船してくださるらしい女性2人について桟橋へ向かいます。

Sado travel 60755

「たらい舟」があった!

Sado travel 60801

一人が「たらい舟」を引き寄せ‥‥

Sado travel 60826

一人が「たらい舟」に乗り移ります。

なんだか、とっても簡単。ぼくも促されて「たらい舟」に移ります。

Sado travel 60845

おお、確かに「たらい舟」に乗っている!

Sado travel 61108

けっこう簡単に扱いでいるに見えますが、上手に操船できるようになるまでには、どのくらいかかるのでしょうか?

ぜひ、動画でご覧ください。

一周するのに10〜15分ほど。

Sado travel 61251

「たらい舟」は桟橋に戻っていきます。

Sado travel 61358

地元出身の女船頭のお姉さんをパチリとさせて頂きました。

乗船しながら「倒れないように船底には重りがついていたりするんですか?」と聞いたのですが、そのまま平らなのだとか。

Sado travel 61552

凄いなぁ‥‥よく、これで傾いたり沈没したりしないですよね。なんであんなにキレイにバランスが取れているのだろうか。「たらい舟」自体がそこそこの重量があるからなんでしょうかね。

夏になると10隻以上の「たらい舟」が繰り出されるそうです。一日中、ひっきりなしにお客さんがやってくるのでしょうね。天気が良いと操船体験もさせて頂けるようです。

今回は残念ながらあいにくの天気でしたが、晴れた日には気持ちよさそうですね!

=================
佐渡旅は「佐渡旅行」からチェック!
=================

佐渡「たらい舟」の行き方・アクセス

>>たらい舟力屋観光汽船

住所:新潟県佐渡市小木町184