Ulaan baatar 1904

両国にあるモンゴル料理に羊肉を食べに行こう! と盛り上がった友人から誘って貰い訪問したのが、モンゴル料理の店「ウランバートル」です。モンゴル料理の店は人生初の訪問かも。すぐそばの「両国リットンクラブ」で暖気運転してから「ウランバートル」の門を叩きました。ドスコイ!

「ウランバートル(両国)」モンゴル料理で羊肉を食べた!

Ulaan baatar 1890

両国駅からだと徒歩5分もあれば着くでしょうか。定食チェーンの2階にモンゴル料理「ウランバートル」はあります。

Ulaan baatar 1892

店内の雰囲気がモンゴルぽいかどうかは行ったことがないので分からなかったですが、子供用のモンゴル相撲の衣装があったり、馬頭琴が飾られていたり、装飾はモンゴルを意識したものが多かったです。

お客さんもモンゴル出身の人だろうなぁ、という人が多かったり、あとはモンゴル人力士も何人も訪れてましたが、驚いたのはこの翌日に大相撲で優勝することになる照ノ富士も来ていたのですね。

Ulaan baatar 1920

馬頭琴。「スーホの白い馬」で覚えました。

Ulaan baatar 1919

「スーホの白い馬」は国語の教科書で勉強しました。モンゴル人にとても大事な物語なのでしょうか。

Ulaan baatar 1899

メニューです。サラダを注文するなら、やはり「ウランバートルサラダ」でしょうか。スープも「ウランバートルスープ」が気になります。

Ulaan baatar 1900

「ラムスペアリブ」「バンシ」「ボーズ」なども注文しましたが、お目当ては「骨付き塩茹で肉」3人前3,800円です。骨付き羊肉、やっぱりこれですねぇ。

Ulaan baatar 1901

ご飯類やサイドメニューです。カレーかと思ったら「グリヤージュ」はビーフシチューだそうです。

Ulaan baatar 1902

ドリンクメニュー。こちらは意外に普通でしょうか。

Ulaan baatar 1893

ということで、まずは生ビールで乾杯です。

Ulaan baatar 1894

「ウランバートルサラダ」です。なんとなくケチャップ的な味がして、中華料理ぽさも感じられました。

Ulaan baatar 1896

羊肉が入ったモンゴルの茹で餃子「バンシ」です。8個で700円。ケチャップ&マヨネーズのソースをつけて頂くのですが、美味しい! いわゆる羊くささもほとんどありません。それにしても、モンゴルの人はケチャップが好きなのでしょうか。

Ulaan baatar 1897

ミンチした羊肉と野菜を包んで蒸したモンゴルの代表料理「ボーズ」です。1個120円です。

Ulaan baatar 1898

肉汁たっぷり! これもほのかな羊ぽさが美味しい料理でした。つけるのはチリソースでした。

Ulaan baatar 1903

ラムスペアリブ。1セット1,800円です。

Ulaan baatar 1905

この羊の脂て感じの部位が分かるでしょうか。たまりません。

Ulaan baatar 1906

そして登場したのは真打「骨付き塩茹で肉」3人前3,800円です。けっこうガツンとくる大きさでした。

Ulaan baatar 1907

チリソースや塩ベースのソースをつけて頂きます。モンゴルではケチャップに並んで、チリソースも一般的に使われるソースなのでしょうね。

Ulaan baatar 1908

う〜ん、食べ応えある〜!

Ulaan baatar 1909

フォークとナイフで肉をそぎ落としながら‥‥

Ulaan baatar 1910

食べる‥‥食べる‥‥!

羊臭が強い訳ではないのですが、やはりずっと食べ続けていると羊がやってきます。ラムのように匂いがない羊肉とは違いますので、苦手な人にはちょっと厳しいかもしれませんね。

だから、羊肉がガツンと来るのが好きな人には、たまらない料理だと絵もいます。

Ulaan baatar 1911

牛ひき肉の上にマッシュポテトを重ねて焼いた「ポテトハンバーグ」800円です。羊肉も美味しかったのですが、個人的にはこの「ポテトハンバーグ」がスマッシュヒットでした。軽い感じで、いくらでも食べられてしまいそうでした。美味し!

Ulaan baatar 1912

小麦粉を練った皮で、ミンチした肉と野菜を包んで油で揚げる、モンゴルのピロシキ「ホーショール」です。

Ulaan baatar 1913

これもねぇ、美味しかったですよ。シンプルなんですけど。

Ulaan baatar 1916

羊肉料理が美味しいお店ですが、必ずしも羊肉料理だけではないですし、羊肉の入っていないメニューも美味しいので、モンゴル料理に興味がある人であれば、訪れることをオススメ‥‥と言いたいところなのですが、やっぱり羊肉尽くしを堪能できると「ウランバートル」を最高に楽しめるかなぁ、と思いますね。水餃子とかピロシキも美味しかったからなぁ。

あれだけ羊肉を食べまくると「しばらく羊肉はいいかな‥‥」という気分になっていたのですが、少し経って「また羊肉を食べたい」という気持ちが出てきました。ヤバい、癖になる、羊肉!

ごちそうさま!!!!

東京でラム・羊肉・ジンギスカンが食べられる店もぜひご覧ください!

ウランバートル(両国)

関連ランキング:アジア・エスニック(その他) | 両国駅森下駅浅草橋駅