2013 04 04 1433

人気RSSリーダーアプリ「Reeder」のiPad版とMac版が無料配信中という記事がありました。Google Readerが終了で「Reeder」はどうなるのん? という感じですが、とりあえずiPad版/Mac版が無料配信となっています。

Reeder for iPad App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

Reeder App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

「Reeder」のiPad版/Mac版はそれぞれバージョン2.0へのアップデートが予定されており、それまで無料で提供されるようです。

気になるのはiPhone版ですが「The Future of Reeder」には次のように説明されています。

2013 04 04 1437

The iPhone version already has support for other services than Google Reader. I'm currently working on integrating Feedbin and adding support for standalone/local RSS (still experimental). You'll get these features with the next update (3.1) which should be ready soon. That's just the beginning, the plan is to add more services you can choose from in the next weeks and months.

iPhone版ではGoogle Reader以外をサポートする予定で、現在は「Feedbin」対応が進められているようです。「Feedbin」は月額2ドルのサービスです。

さらに他のサービスも利用できるようになるとしています。まだ実験的なものの、スタンドアローン/ローカルのRSSのサポートも加わるようです。

これらの機能は、次のバージョン3.1のアップデートで利用できるようになる予定とのことです。

とりあえず「Reeder」の対応を待っていれば、大丈夫そうな気がしてきました。

Reeder App
カテゴリ: ニュース
価格: ¥250

Google Readerの代替サービスとして名乗りを挙げた「Feedly」は、2週間で300万人以上のユーザを獲得しています。

「Google リーダー」の代替サービス「Feedly」、2週間で300万人以上の新規ユーザーを獲得

7月1日にサービスを終了する「Google リーダー」の代替サービスとして期待されている「Feedly」ですが、本日、同社が「Google リーダー」のサービス終了発表後の新規登録ユーザー数が300万人を突破した事を発表しました。

RSSリーダの利用者は減りつつあるとはいえ、アクティブなユーザもそれなりにいるのですね。

■関連記事

Google Readerが呼び寄せていた閲覧者たちは、永遠に失われることになるのだろうか? | TechCrunch Japan

たとえて言えば、Google Readerは「花」だったのだ。ニュース好きの蜂たちがやってきて、受粉させてニュースの果実を「ソーシャル」に提供していたのだ。TwitterやFacebookで拡散する話題にも「はじまり」があったはずだ。どこかから、誰かが見つけ出してきたニュースだったはずなのだ。こうした「はじまり」の多くは、Google Readerを使う「蜂」たちによるものだったと思う。

Digg曰く、開発中のGoogle Reader代替ツールはRSSリーダー「以上」を目指す | TechCrunch Japan

そのような中、現在はBetaworksの出資を受けて再編したサービスを提供しているDiggが、RSSリーダーの世界に参入するという話が出て注目を集めている。Diggのメンバーたちは自らのことを「病的な情報中毒」と定義していて、これまではGoogle Readerを使ってきていたそうなのだ。