グーグル、RSSサービスのFeedBurnerを買収という記事より。

GoogleがFeedBurner(本社:イリノイ州シカゴ)を買収し、自社広告エンジン向けにまた新たなメディアを獲得した。両社が米国時間6月1日に明らかにした。

Googleが「FeedBurner」を買収するという噂がありましたが、現実のものとなりました。これでGoogleは、広告出稿先にフィードを加えることになります。

記事によれば「FeedBurnerが有する43万以上のRSSフィードに広告を配信できる」ということで、かなり強力なネットワークを手にしたことになります。

このことで一躍、フィードの可能性にも注目が集まるかもしれませんね。

気になるのは日本の動きで、提携によりGMOアドネットワークスが「FeedBurner」を運営しています(独占販売権)。日本でもGoogleが運営することになるのでしょうか。

「FeedBurner」統括責任者の村井説人氏は「米国とも非常に親密にしている。今後もお客様には不安なくサービスを提供していきたい」とコメントしています。

なお「FeedBurner」を利用することでYahoo! ブログ検索からクロールされなくなる問題に関しては、

確認はできている。我々としては良い方向に進むように、調査を行って近々正式に発表する予定

とコメントしています。

実は「FeedBurner」の利用休止に際しては、対策がないか問い合わせをしていたのですが、返信を頂くことができなかったので、最終的に休止という判断をしたのでした。

何らかの情報が分かっていたのなら、ぜひメールなりブログでそのことだけでも教えて欲しかったな、なんて。

米Google、RSSフィード配信管理企業の米FeedBurnerを買収によれば、

FeedBurnerは今後、独立した企業として存続することはなく、徐々にGoogleの開発チームに統合されていく。

ということで、日本での展開もやはり気になるところです。

■関連記事

米Google、RSSマネージメントの米FeedBurnerを買収

Googleは「ユーザー、広告主、パブリッシャーに対してサービスの価値を高める上で、フィード・ベースのコンテンツおよび広告は有望な開拓分野である」としている。