エキサイト、Web型RSSリーダー「エキサイトリーダー」を開始という記事より。

「エキサイトリーダー」は、オンネットのRSSリーダー「フィッシュ」日本語版をエキサイトブランドで提供するもの。RSS 1.0/2.0およびATOMに対応し、登録は手動のほかOPMLによるインポートにも対応。

エキサイトもRSSリーダ「エキサイトリーダー」の提供を開始しました。

その内、RSSリーダ人口というのもそれなりに増えて、RSSリーダを使うことが普通になるなんじゃないのか、なんて妄想してしまったりしますね。

Excite Reader

OPMLに対応しているので、RSSリーダの乗り換えもそれほど大変ではなくなっているかもしれませんね。

「キーボードのみでエキサイトリーダーを操作できるキーボードショートカット」はlivedoor Readerでも実現されていますが、「一度閲覧した記事を保存しておくスクラップ機能」はちょっとうらやましいかも。ピンだけではちと物足りない。