楽天、「楽天広場」の日記を他サイトに掲載できるサービス開始というニュース。ネタフルで使用しているMovable Typeは、標準でRSSというファイルを書き出す仕組みになっていて、それを利用することでRSSリーダーなどのアプリケーションを用いて簡単に更新情報を取得するといったことが可能になっています。最近、はてなダイアリー、MYCOM PC WEBなど、このRSSを書き出す機能を追加するサイトが増えてきていたんですが、楽天広場でもRSSフィードが開始されました。

このサービスは、サイトの更新情報を外部に提供する際の共通言語規格RSS(RDF Site Summary)に対応したことにより実現した。RSSは、サイトの更新情報や要約などを、XMLを利用して外部に提供する際の標準的な共通言語。見出しや要点を共通言語規格でデータ提供することで、相互のデータ連動が簡単に行なえるという。

ホームページの更新確認には、はてなアンテナや更新情報を取得するアプリケーションなどを利用することが一般的だったと思うんですが、これからはこのRSSを利用する方法も広まるのではないかと思います。個人ホームページでもRSSを書き出せるようなプログラムが登場するでしょうから、情報を更新して誰かが探してくれるのを待つ、という受身から、より積極的に情報を発信していく能動的なイメージに変わっていくのではないでしょうか。

横文字でちょっと難しい感じもしますが、慣れれば便利なので、是非挑戦してみてください。ちなみに、ネタフルではサイト上部の「RSS」をクリックすると出てきます。個人的なRSSリーダのお薦めは、WebベースのねこすけReaderです。

■関連記事

XML/RSS