スポンサードリンク

「入善ジャンボ西瓜」を食べるチャンス!大宮駅で入善町物産展開催中(7/22まで)

スポンサードリンク

入善町物産展 ジャンボ西瓜

富山県入善町が大宮駅西口駅構内のイベントスペースで物産展をしていると聞き、取材に行ってきました。

入善町といえば思い出すのが牡蠣。海洋深層水で浄化した牡蠣がまことに美味しいです。

そして名物の食品がもう1つあります。それが「入善ジャンボ西瓜」です!

スポンサードリンク

どのくらい「入善ジャンボ西瓜」が大きいかというと↑の写真の通りで見たこともないようなサイズのスイカなのです。

平均15〜18kg、長さ40cm、大きいものは20kgを超えるという「入善ジャンボ西瓜」。購入しても一般家庭の冷蔵庫に入るサイズではないので、なかなか実物を見る機会もないかもしれません。

入善町物産展

7月21日〜22日にかけて、大宮駅西口駅構内のイベントスペースで行われている入善町物産展に行けば「入善ジャンボ西瓜」の実物が見られ、さらに試食タイムもあります。

入善町物産展

通常、スイカであれば糖度12度で甘いと言われるそうですが、この「入善ジャンボ西瓜」の糖度は13〜14度あるそうです。大きいからといって、決して大味というわけではないのですね。

「入善ジャンボ西瓜」の試食タイムは残り3回

この記事を書いている時間からすると「入善ジャンボ西瓜」の試食タイムは残3回となっています。

入善町物産展

7月21日 15時〜
7月22日 11時〜
7月22日 13時〜

入善町物産展 ジャンボ西瓜

7月21日の1回目の試食タイムを取材しましたが、スイカが大きいからそれをカットするための包丁も大きい!

入善町物産展 ジャンボ西瓜

大きなスイカを真っ二つにするだけでも、けっこう力が必要なのではないでしょうか。

入善町物産展 ジャンボ西瓜

事前にスイカ名人がカットし、まるで山脈のようになったスイカが会場では振る舞われました。それにしても美しいスイカ山脈です。スイカの切り分けも、極めるとここまで美しくカットできるのですね。

入善町物産展 ジャンボ西瓜

「入善ジャンボ西瓜」は老若な何に大人気でした!

入善町物産展 ジャンボ西瓜

ぼくも一切れ頂きましたが、本当にみずみずしくて、甘くて美味しいスイカです。特に今年の夏は暑いので、フルーツで水分補給は身体も喜びますね!

入善町物産展

会場では入善町の物産も販売されていますので、お近くの方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

入善町物産展

巨大な「入善ジャンボ西瓜」を見て、食べるチャンスです!

入善産サクラマスのますの寿司も販売してますよ。

スポンサードリンク

前へ

【Kindleセール】30%OFF「教養を身につける ちくま新書・選書フェア」(8/2まで)