Kuroneko 0028

幅6m、高さ2m、歩いて通り過ぎたら二度見確実の巨大な黒猫が、新宿駅のメトロプロムナードに降臨しました! なぜ、ここにこんなにリアルな黒猫が‥‥と思ってしまったのですが、実はこの猫ちゃん、クロネコヤマトの「宅急便コンパクト」をアピールするために出現したのです。

「鼻を押してクロネコグッズをもらおう!」のキャッチコピーの通り、通路に鎮座している巨大な黒猫の鼻を押すと、クロネコヤマトのオリジナルグッズが、口からペロリンチョと出てくるんです。さらにグッズが入れられているのは、宅急便コンパクトのオリジナルパッケージで、実際に荷物の発送にも使えます。

巨大な黒猫の除幕式に参加

今回の「鼻を押してクロネコグッズをもらおう!」のキャンペーンは、本日2015年9月28日から1週間、新宿駅のメトロプロムナードにて開催中です(その後、日本各地10ヵ所を巨大黒猫は行脚するそう!)。今日は、その除幕式に参加させて頂きました。

Kuroneko 0011

最初は白い布をかぶっていた黒猫です。まさか、あんなにリアルな猫が隠れているとは思いもしませんでした。

Kuroneko 0013

司会のお姉さんの掛け声と共に、幕が外されます!

ニャアアアアア!

Kuroneko 0023

ウッハwww

めっちゃリアルにwww

横たわるwww

Kuroneko 0025

通り過ぎる人の目を釘付けにする、幅6m、高さ2mの豊満なボディ。

開発期間は2ヶ月だそうですが、驚くほどよくできた黒猫です。

Kuroneko 0024

この脚ですら、でかい。

ちなみに、この黒猫にはモデルがいるそうで、テレビCMに登場する黒猫がオリジナルなのだそうです。豆知識です。

巨大な黒猫が「宅急便コンパクト」をペロリンチョする

それでは、この黒猫がどう機能するのか、鼻を押したところをご紹介しましょう!

Kuroneko 0030

グイッ。

と、鼻を押し込みます。この時に「ニャー」と鳴くこともあるようです。鳴かない時もあったので、気まぐれなのかもしれません。実に猫らしい話なのですが。

どこから「宅急便コンパクト」が出てくるのかと思ったのですが。

Kuroneko 0031

ペロリンチョって。舌がベローンて出てきたと思ったら、その上に「宅急便コンパクト」がのってました! すごい! 中の人たいへん!

Kuroneko 0033

外箱は「宅急便コンパクト」のパッケージで、中にはTシャツが入ってました。

Kuroneko 0037

オリジナルのクロネコヤマトの手提げ袋に入れて「宅急便コンパクト」がブレゼントされます。

「個数に制限はあるのですか?」と担当者の方に伺ったところ「ずっと出続ける」とおっしゃっていたので、これは中の人は本当に大変だと思いました。

Kuroneko 0038

「宅急便コンパクト」をもらう人たち。

Kuroneko 0039

あっという間に行列ができていましたよ。

Kuroneko 0046

パッケージの中には、クロネコグッズが入っています。Tシャツの他には、ステッカー、ガムテープ、マグネットなどがあるようです。クロネコグッズマニアは、いったい何周するのでしょうか?

Kuroneko 0048

「宅急便コンパクト」の箱には伝票も入っていますので、そのまま荷物の配送にも使えます。これは面白いアイデアですね。

Kuroneko 0049

さらに、箱の横に黒猫の目が描かれているのは、この会場限定です。マニア心をくすぐってきます。

他の角度からも写真撮影したいと思い、黒猫の尻尾の方に回ってみると‥‥?

Kuroneko 0051

!?

腰に穴が空いている!?

よく見ると、穴の奥にはベルトコンベアが見えます。そうなんです、この黒猫、中の人などいなかったのです!!!

絶対に「中の人」が作業をしているのだ思っていたのですが「中の人などいない」だったのです。凄いな、黒猫。けっこう驚きました。

「宅急便コンパクト」とは? ご当地パッケージがいいね!

Kuroneko 0006

宅急便コンパクト」は、小さな荷物を手軽に送ることができる専用ボックスです。サイズは25cm x 20cm x 5cmで、このサイズに入るものであれば重量制限はありません。価格は税込65円で、コンビニでも購入可能ですし、セールネスドライバーに電話して持ってきて貰うこともできます(通常は5枚〜のところは今は1枚でもOK)。

発送料金は、例えば関東→関東であれば594円、関東→関西は648円、関東→九州は810円などとなっています(料金表)。さらにクロネコメンバー割BIG、デジタル割、持込割を適用すると、594円は354円に!

小さな荷物を手軽に、気軽に発送できるのが「宅急便コンパクト」なのですね。ちなみに専用ボックスだけでなく、24.8cm × 34cmの専用薄型ボックスもありまして、書類などはこちらがオススメです。

担当者の方から伺って非常に興味深かったのが「宅急便コンパクト」のパッケージにはご当地パッケージがあるということです。今後、全国で展開予定とのことでしたが、現時点だと広島や沖縄で展開しているそうです。現地からお土産を送ったりすると、オリジナルパッケージは喜ばれるような気がしますよ!?

ちなみに、パッケージを開ける際にビビーッと横のところを引っ張りますよね。ここです、ここ。

Kuroneko 0050

通常のパッケージだと、ここは歩いているクロネコなのですが、ご当地パッケージだと、例えば広島だと猫と鹿、沖縄は猫とシーサーになったりしているそうです。なにそれ、ちょっと見てみたい。誰か送って。

ズバリ! 「宅急便コンパクト」は、とても遊び心もたっぷりな宅急便の専用ボックスだったのです!!!(埼玉県にもオリジナルパッケージが欲しいな〜)

Kuroneko 0005

ということで、ぜひ新宿駅のメトロプロムナードに足を運んで、ぜひぜひクロネコオリジナルグッズと宅急便コンパクトの箱をゲットしてくださいね。もっとクロネコヤマトが好きになったら、クロネコヤマトアンバサダーにもなることができますよ(=ↀωↀ=)