3M 6240049

意外と知らないテープの歴史」に続いて、またもや謎企業「3M」のブロガーイベントに参加させて頂きました。今回のテーマは「着て、かぶって、守る、3M!」です。

3M 6240003

どうも席の配置で、部屋の真ん中が花道のようになっていると思ったら、ファッションショー形式のブロガーイベントでした。もちろん、出演するのは3M社員のみなさん。

最初に説明があったのは「高視認性安全服」です。

3M 6240009

工事現場で見かける服ですね。これには3Mの「スコッチライト反射材製品」というものが使われているのですが、これが凄いのです。

3M 6240010

小さな懐中電灯が用意されていて、それで照らすと光るのはもちろんなのですが、この「スコッチライト反射材製品」の特徴というのが「入射光を光源に真っすぐ戻す」という素材で、つまり照らした人にだけよく見える、という製品なのです。

3M 6240012

乱反射しないので、よく見えるのですね。他にも、交通標識や高速道路の看板で使われているそうですが、クルマに乗っていてライトで照らすとよく見えるなー、とは思っていたんですよね。まさか「入射光を光源に真っすぐ戻す」が使われているとは思いませんでした。

3M 6240014

続いて防護服です。

3M 6240020

こちらもファッションショー形式で行われました。石油やガスの工場、原子力発電所、化学工業、建築など、様々な場所で使われる防護服だそうです。自動車の補修や、アスベストの撤去でも使われるそうです。

3M 6240024

で、これ、各人に配られまして、実際に着てみました。

3M 6240026

靴を履いたままで着れないことはないですが、靴は脱いだ方が着やすいですね。

3M 6240028

初めての服を着て、無駄にテンションの上がる参加者たち。

3M 6240033

ふかわりょうもいました(ウソです)。

物凄く特殊なもののように感じたのですが、実はAmazonでも購入できるそうです(意外に高くない)。大掃除の時とか、汚れるのを全く気にしないでガツンとやりたい時にも使えそうです。

3M 6240053

最後はかぶりものです。マジ、ダフトパンク。

これは「スピードグラス自動遮光溶接面」というもので、溶接作業中に強い可視光線や紫外線、赤外線から目や顔を守るものなのですが、自動というのがポイントです。

3M 6240059

こんな風に強い光で疑似的に溶接作業を体験したのですが‥‥

3M 6240073

こう見えているのが、強い光があると‥‥

3M 6240071

こうなるんです! 強い光から、一瞬で目を保護してくれるのです!

3M 6240068

溶接というと、片手で防護用のお面みたいにのを持っているのを覚えているのですが「スピードグラス自動遮光溶接面」があれば両手が空くってことですよ。これは凄い!

3M 6240078

ちなみに、デザインコンセプトは中世の騎士だそうです。どこか、フェンシングのマスクにも見えますね。

3M 6240081

様々なデザインがあって、溶接面がかなり個性的です。クルマやバイクのレースドライバーみたいです。

いやはや、3Mって本当にいろんなものを作っている企業なのですねぇ。特に「スピードグラス自動遮光溶接面」に興味あり、です。イベントの時にかぶりたい!?(顔出ししていないので)

どれも特殊なもののように思うのですが、普通にAmazonで買えるってのが面白いですねぇ。

追記:"つなぎ萌え"という新たな気付きがありましたので、次回以降もどうぞよろしくお願いいたします。