Onomichi 7443

4人のブロガーが広島のあちこちをレポートする「新幹線で行く広島 DISCOVER WEST 広島レポート」に参加させて頂きました。ぼくが訪れたのは、歴史を感じる風景と映画で観た光景のある港町・尾道と鞆の浦でした。

東京駅からは、起点となる福山駅まで新幹線で3時間半ほど。そこから尾道までは電車で20分。鞆の浦まではバスで30分といったところ。

尾道と鞆の浦は一泊二日でも、十分に巡れるくらいの規模感の町で「せっかくだから二泊三日で‥‥」と思いながら休みが取れずになかなか行けないのであれば、思い切って一泊二日で行ってしまうのをオススメします!

Onomichi 7400

ちなみに、ぼくは東京駅を9時30分発という旅行にしてはややゆっくりめの新幹線で行きましたけど、問題なく観光できましたよ。

尾道と鞆の浦は、町としてはコンパクトなのが特徴です。どの観光スポットも歩ける距離にあるので、到着してしまえば、後はせっせと歩くだけです。

坂や細い路地が多く、ちょっとした迷路のよう!?

なので、散歩・散策好きにおすすめです!

尾道で映画といえば、大林宣彦監督の尾道3部作(「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」)がありますし、鞆の浦で映画といえば「崖の上のポニョ」があります。

映画好きならロケ地を辿っても楽しいと思います!

後は、あえて書くまでもないかもしれませんが、新鮮な魚介類もありますので、食事も楽しみのひとつですよ!

Onomichi 7429

今回の旅のモデルコースは「尾道・鞆の浦ノスタルジックな港町尾道と鞆の浦さんぽ」です。

ということで、たっぷりと書いた記事をまとめておきたいと思います。どうか、あなたの旅の参考になれば幸いです!

【尾道】

新幹線に乗って春の尾道に行ってきます!

春の尾道!新幹線・福山駅から山陽本線で尾道駅へ

尾道駅から歩いて古寺を巡る(持光寺/光明寺/宝土寺/天寧寺三重塔)

「文学記念室」林芙美子と尾道出身の文学者たち(尾道)

33年ぶりの御本尊御開帳!千光寺と千光寺ロープウェイ(尾道)

「天寧寺(尾道)」"死のうと思う日はないが生きてゆく力がなくなることがある"

「尾道市立美術館」安藤忠雄が改築&海の見えるカフェもオススメ

「茶房こもん(尾道)」定番カフェでサクサクの絶品ワッフルを!

尾道で「日本一短い船旅」しました!

「たまがんぞう(尾道)」尾道の魚と肴と美味い酒

「ホテル・アルファ-ワン尾道」尾道駅近くのホテル

【鞆の浦】

ポニョの舞台!?「鞆の浦」海に面した古い街並みと保命酒の町

「福禅寺・対潮楼(鞆の浦)」客殿からの景色が素晴らしい!

坂本龍馬が隠し部屋に宿泊した「桝屋清右衛門宅(鞆の浦)」

「はっさく大福」みかん入り大福が美味すぎる!!!(鞆の浦)

「茶房 田渕屋(鞆の浦)」懐かしくて甘いハヤシライス

「いろは丸展示館(鞆の浦)」坂本龍馬と海援隊が乗っていた蒸気帆船の船体部品を展示

保命酒の本家「太田家住宅・鞆七卿落遺跡(鞆の浦)」

「常夜灯(鞆の浦)」江戸時代に作られた海を照らす明かり

「医王寺(鞆の浦)」ポニョの景色を見たいなら

「鞆の浦」ポニョの町、小さな魚屋さんの町

ポニョの故郷・鞆の浦で出会ったポニョと宗介が住んでそうな一軒家