スポンサードリンク

「ネスカフェバリスタ」牛乳でカフェラテ

スポンサードリンク

Barista 5411

モニター用の「ネスカフェ バリスタ」が届いてからというもの、来る日も来る日もコーヒーを飲みまくっています。手軽なんですもの。でもブラックコーヒーばかりだと胃によくない気がしたので「ネスカフェバリスタ」で牛乳(ミルク)を使ってカフェラテを作ってみることにしました!

スポンサードリンク

結論:簡単にバリスタでカフェラテも飲めます。

マグカップに牛乳を入れて「ネスカフェバリスタ」にセットするだけ。それでバリスタでカフェラテ、超簡単です。

「ネスカフェバリスタ」と牛乳でカフェラテを作る方法

Cafe latte 5666

本来であれば付属のカップで牛乳(ミルク)の量を計測するとベストですが、男のコーヒーということで、目分量でいかせて頂きました。

Cafe latte 5667

カフェラテなら60ml、カプチーノなら50mlだそうです。

Cafe latte 5668

マグカップを「ネスカフェバリスタ」にセットし、カフェラテ用のボタンを押します(左上です)。

Cafe latte 5669

チューっとお湯が出てきた!

お湯のレーザービームや!!

これで牛乳を温め、泡立てる訳ですね。マニュアルによれば、予めカップや牛乳を温めておくと良し、とも書かれています。

Cafe latte 5671

温かくなった牛乳にコーヒーがドボボボボと。

Cafe latte 5672

できたー!

「ネスカフェバリスタ」でカフェラテの味は?

味の方は、お湯で牛乳(ミルク)を温めているので、やや薄めに感じましたが、たくさん飲むならこのくらいで良いかな、と思いました。

ブラックコーヒーに続いて、バリスタでカフェラテも飲みまくりです。本日、3杯目。コーヒー牛乳好きなのでたまりませんです!

ネスカフェ バリスタ」をしばらく使ってみての感想ですが、そもそもインスタントコーヒーを使っているので、使用済みのゴミみたいなものもなく、非常に重宝しておりますよ。

5種類のコーヒーが楽しめる「ネスカフェバリスタ」ネタフル事務所で使ってみたよという記事もあわせてどうぞ!

「ネスカフェバリスタ」シリーズは主に2モデル

ぼくが試したのは「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」というモデルですが、その後に「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ]」という新機種もリリースされています。

「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ]」はスマートフォンとつながるモデで、専用アプリを使い、コーヒー、水、泡立ちを細かく調整して自分好みのコーヒーを作ることができます。

またポイントが貯まったり、起床時間に合わせてコーヒーの抽出時間をセットすることもできます。

ユニークなのは、繋がっていると「いつコーヒーを飲んだか」が分かる機能です。コーヒー好きの親に送っておくと、コーヒーを飲んで元気にしているかな‥‥ということが分かりますね!

・単純にコーヒーを飲むだけで良い人は「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」 3,980円

・コーヒーをカスタマイズしたい人は「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ]」 5,980円

導入を検討している人は【ネスレ日本公式】で機種の比較や料金、交換パック、システムなどを確認することができます。

>>ネスカフェ バリスタをチェックする

>>バリスタi [アイ]をチェックする

スポンサードリンク

前へ

【動画あり】スカイツリー、今年も落雪しているので注意が必要

次へ

浦和レッズ、グリーンのユニフォームに隠された意味とは?