wild_rose_7333.JPG

カルガリーで地ビールを造っている、クラフトビール工場の「ワイルドローズブルワリー(Wild Rose Brewery)」を見学&試飲させて頂きました!

「ワイルドローズブルワリー」は常時7銘柄のビールを製造している醸造所です。

wild_rose_7267.JPG

なんと、こちらの醸造所では日本人の方が二人働いており、プロダクトマネージャーの方にお話を伺うことができました。

//////

wild_rose_7272.JPG

もともとお二人とも日本のビール会社におられたそうです。プロダクトマネージャーの方が3年半前にカナダにやってきて、人出が足りないところから元同僚に声をかけ、今年の2月から一緒に働くことになったのだとか。

ビール造りの基本原則は同じなので苦労はないけれど、やはり課題は言葉だとおっしゃっていました。

まずは、ビールを造る一通りの行程を伺いました!

wild_rose_7269.JPG

おかゆ状態をつくり糖化して煮汁を抽出してビールになる。一回の仕込みは3,000リッター。

wild_rose_7271.JPG

煮汁にホップを加える。煮沸してから麦汁を冷やして発酵タンクに。酵母を入れて発酵させる。発酵タンクは6,000リットル。一日に二回仕込んで満タンにする。

モルトの配合とホップの配合で種類が変わる。酵母の種類でもビールが変わる。常時7銘柄を作っているが、売れ行き次第で毎週作ったり隔週で作ったりする。

全部で16タンクで回している。発酵とコンディショニング、熟成で21日。その後はろ過する。

「ワイルドローズブルワリー」のビールは地元で消費されている。世界で飲まれているのはラガービールで熟成が長い。エールビールはラガービールに比べて早く仕上がる。

wild_rose_7273.JPG

真ん中にあるのがろ過器。ろ過器でこして貯蔵してパッケージングする。瓶詰め、樽詰めする。熱処理はしていない。

wild_rose_7274.JPG

瓶詰めの機械。1日に960パックくらいは詰める。

wild_rose_7276.JPG

wild_rose_7277.JPG

ベルトコンベアで流してラベルを貼る。

wild_rose_7278.JPG

wild_rose_7281.JPG

箱詰めは手作業で行なう。

wild_rose_7283.JPG

樽は60リットルと30リットルのものがある。

wild_rose_7285.JPG

これはパーティーピッグという容器。8.5リットルで50ドル。

中にプレッシャーパウチ(pressure pouch)というものが入っていて、混合ガスが生まれ膨らんでビールを押し出す。

パーティピッグのケースからそのまま飲めるため、カナダの冷蔵庫は大きいので、地元の人はこれを購入して飲んでいる人もいる。

カルガリーのお客さんがほとんど。最近はエドモントンにも。日本では飲むことができない。

wild_rose_7291.JPG

もともとブルワリーとしては1996年にできた。現在の場所に移転したのは2006年。既に移転してしまったが近くにカルガリーファーマーズマーケットという市場があり、地元の人が立ち寄って貰うためにこの場所に。

//////

wild_rose_7288.JPG

出荷を待つビールたち。

基本、ビールを造る行程というのは大きな会社でも小さな会社でも同じで“味付”の部分に大きな違いが出てくるということなのですね。

wild_rose_7300.JPG

「ワイルドローズブルワリー」はマイクロブルワリーと呼ばれる小さいビール醸造所ですが、レストランが併設されており、地元の人たちがふらりと立ち寄る良い雰囲気の醸造所です。

wild_rose_7294.JPG

地元で作られた作り立てのビールを飲める!

まさにビールの地産地消!

日本で飲めないのが本当に残念なのですが、これもブルワリーの一つのあるべき姿なのでしょうね。

近所にクラフトビールの醸造所が欲しいよ〜〜〜。

カルガリーに行ったら、ビール好きは間違いなく立ち寄るべき! ダウンタウンからクルマで20分くらい、バスでも行けるそうです。

カルガリーのクラフトビール「ワイルドローズブルワリー(Wild Rose Brewery)」試飲!に続く!