buzzards_6886.JPG

アルバータ観光局の方に「面白いものを食べさせるわ」と連れていって貰ったのが、ダウンタウンにあるレストラン「Buzzards」です。先に書いておきます。珍しいものって、牛の睾丸です。ええ、ええ。

buzzards_6888.JPG

とても雰囲気が良く、落ち着いたレストランでしたよ。

buzzards_6889.JPG

もちろん、カナダのビールでキャンパーイ!

最初の一杯は「Rickard"s White」です。うーん、美味しい。フルーティーで美味しい。飲みやすい。

buzzards_6891.JPG

カナダのビールが、もっと海外、特に日本に進出してくれたらいいのになぁ。「ビールって美味しい」と思う人が、きっと増えるんじゃないかと思うのですが。

喉が乾いていたので、すぐに2杯目だ!

buzzards_6892.JPG

こちらはバンクーバーのビールだそうです。「Granville Island IPA」です。

Alexander Keiths」に続くIPA(Indian Pale Ale)です! IPA美味い! I・P・A! I・P・A!

高い香りに苦味。ホップたっぷりホップり。たまりませんなぁ。

そうこうしている内に「プレイリーオイスター」が出てきたー!

buzzards_6894.JPG

うーん、もろに丸いですね。

buzzards_6896.JPG

こちらはスライスされています。

プレイリーオイスター、つまり平原の牡蛎、です。でも牛の睾丸です。とはいえ、日本でも散々ホルモンは食べてますからね。どってことないのです!

あぐっ。

もぐもぐ。

ん、いける。

これはあれだ。白子ですね!

大丈夫、大丈夫。日本人だったら食べられますよ、牛の睾丸!

というところで、待ちに待ったアルバータ牛のステーキがきたー!

buzzards_6897.JPG

やっぱり、世界中どこに行っても肉は正義ですよなぁ。

でかくて分厚い。これ、正義。

buzzards_6903.JPG

付け合わせはポテトやピラフなどもあったのですが、ロングライスにしてもらいました。ポテトはご飯の代わりなんですって。

赤身だけの肉もあったのですが、やはり脂身もある部位にしてもらいました。AAAのお肉だそうです。

現地のカルガリーの人たちは焼き方はウェルダンが好みだそうですが、ミディアムレアにしてもらいました。

buzzards_6904.JPG

うーん、やっぱり肉は美味い!

ソースもいいお味でして、肉汁と共にライスにしみ込んで、もうウハウハしまして!

けっこうボリュームもあったのですが、ペロリと食べてしまいました。本当にペロリと。あわよくば、もう1枚くらい食べられそうな勢いですね。

デザートも頂きましたよー。

buzzards_6920.JPG

buzzards_6921.JPG

buzzards_6922.JPG

一番上は「サスカトゥーンベリー」というベリーを使ったケーキです。甘すぎず、なんだろう、小豆のような食感というのかな、美味しかったです。

一番下は、チリの入ったアイスです。チリです。チリなので、飲み込んだ後に、ヒリヒリヒリ、と来ます。面白い味でした。

//////

以下、閲覧注意です。

お店の方が、わざわざ牛の睾丸を持ってきて、調理するところを見せてくれました。

buzzards_6913.JPG

おうふ。

buzzards_6905.JPG

塩漬けにしているそうです。

buzzards_6906.JPG

いたたたた!

buzzards_6907.JPG

むきむき。

buzzards_6908.JPG

いたたたた!

buzzards_6910.JPG

取りだしたものを‥‥

buzzards_6914.JPG

スラーンスラーン。

buzzards_6917.JPG

なんでも、去勢した牛の睾丸を使用しているそうです。いつもあるメニューではなく、キャンペーン的なものです。

カルガリーの人たちも食べたことないらしく、みんな興味津々そうでした。一口ずつ食べてましたが、なかなか食べ慣れない味のようだったでしょうか。