poutine_7153.JPG

カナダの代表的な料理であるという「プーティン」を食べてみました。ショッピングモールに入っている「NEW YORK FRIES」でテイクアウトしました。

poutine_7150.JPG

「プーティン」は、フライドポテトに、グレービーソースとチーズをかけた食べ物です。

プーティン - Wikipediaには次のようにあります。

プーティンは1950年代後半、ケベック州で生まれた。厳密な発祥地には、諸説がある。カナダ内のほとんどのショッピングセンターのフードコートで食べることが出来る。又ステーキなどと一緒に付いてくることもある。グレイビーソースがかかっているためフォークを使って食べる。

「プーティン」にも派生したものがいろいろあるようなのですが、今回はベーシックな「プーティン」です。

poutine_7151.JPG

小さいサイズと大きいサイズがあるのですが、もちろん小さい方にしました。4.75ドルだったかな?

poutine_7152.JPG

店頭で食べる人は、いろいろと味付する人が多いのでしょうかね。

poutine_7154.JPG

ということで、実食!

poutine_7155.JPG

お、見た目は何やら美味しそう。食欲をそそるカラー。

ポテトは皮つきですね。

poutine_7156.JPG

パクリ。

ん!

なかなかいける!

「けっこう味が濃いですよ」なんて言われていたのですが、全く問題なし。小さいサイズだったらペロリと食べてしまいますよ。

poutine_7158.JPG

ポテトもしょっぱくないですね。グレービーソースにチーズでいいお味です。

日本のファストフードでも、塩抜きにグレービーソースとチーズのオプションがあったらいいのに!

ごちそうさま!!!!