horse_thief_canyon_6068.JPG

ドラムヘラーにある「Horse Thief Canyon」にも足を運んでみました。「Horseshoe Canyon」のように、荒涼とした土地を見渡すことができる場所です。

馬が盗まれた、というような話が「Horse Thief Canyon」の由来のようです。実際には戻ってきたようですが。

複雑な地形だけに、隠れて見えなかったのでは、ということもあるようです。

horse_thief_canyon_6069.JPG

horse_thief_canyon_6070.JPG

horse_thief_canyon_6071.JPG

horse_thief_canyon_6072.JPG

horse_thief_canyon_6073.JPG

horse_thief_canyon_6074.JPG

horse_thief_canyon_6075.JPG

horse_thief_canyon_6076.JPG

horse_thief_canyon_6077.JPG

かつては、行商人がここを馬を連れて横断していたそうです。人が歩いて横切るだけでも、相当大変そうなのですが。

歩くのが好きな人には、トレッキングコースがあるのでオススメです。

何も考えずに無言でシャッターを切り続けたのですが、ガイドさんの言葉が胸を打ちました。「カナダはこんな風に無音の場所があるんですよね」

確かに。

聞こえるのは風の音のみ。

途中「ブーン」という音が聞こえていて、どこかでバイクでも走っているのかと思っていたのですが、蜂の羽音でした。

無音の場所。