_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_101370_content_p704_03788d5c57849338323b9152e51de0e7.jpeg

8年ぶりのフルモデルチェンジとなるヤマハ電動アシスト自転車「PAS」2011年モデル発表会のレポートをお届けします。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_101370_content_p686_6586679bc2d00c95d7c7cc7c075f5fe1.jpeg

SPV事業部長 小林氏
SPV事業部マーケティング部 石井氏
SPV事業部PAS開発部 中村氏

//////

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_101370_content_p688_f4c2fe1c54124dd229d6aa2cc47d8957.jpeg

主催者を代表し小林氏より挨拶。

長年に渡って「PAS」を熟成してきた。二人乗り、高耐久バッテリのモデル、販売は好調に推移。2010年は93,000台を出荷。前年比116%。

なぜ電動アシスト自転車が伸びているか? 年齢、性別を超えた幅広い人が試乗会にきてくれる。既に使用している人も進化した性能、機能に驚かれる。この喜びをさらに提供しようと製品の開発に取り組んできた。

2003年以来のフルモデルチェンジといえる内容を盛り込んだ。「長く大切に使いたい」という要望に応える。保証期間も大幅に延長。より一層、長く安心して使ってもらえるように。

//////

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_101370_content_p690_6c3b8d79633d69a3cb67b102854fe5ce.jpeg

「PAS」2011年モデルの特長を石井氏より。

電動アシスト自転車の市場は約39万台(前年比108%)の規模と推定。2011年は40万台を超える規模を見込んでいる。

需要拡大の要因

・幼児2人同乗モデルが好調に推移
・客層の広がり(通勤や通学)
・健康/環境/節約といった意識の変化

2011年も引きづき幼児2人乗りモデルが伸びると予想されている。

お客様が重視しているポイント

・バッテリの寿命が長い
・走行距離が長い

全てのお客様のベネフィットに繋がる「バッテリ寿命が長い」ということに着目した。

バッテリの長寿命化 → 耐久性アップ = 経済性アップ

PAS使用期間に対する期待値は約8年
バッテリ交換を2回したとすると67,200円
→長く使いたいという期待値は高い

バッテリ残量表示を4灯LEDでは気になる

・バッテリ、製品寿命に対する意識が高まっている
・残量が少なくなった時にもう少し細かく表示する必要あり
→これらを2011年モデルにフィードバック

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_101370_content_p694_c4e2a9cc3f3702bec5a8790204465893.jpeg

//////

2011年モデルの特長

・新フレームを開発
・新ドライブユニット
・新バッテリボックス
・新スイッチ(バッテリ残量詳細表示/速度表示)

179dd9a68d3e5e6b1baa62ab88f4ed62.jpeg

バッテリ性能が向上し、その名も「長生きバッテリ」に。今までに必要だった2回のバッテリ交換も1回に(経済的)。

d6e8f8d265ccbf446052014790aed2e2.jpeg

新スイッチではバッテリ残量をパーセント表示することが可能。速度表示もできるので、アシストが一番強い速度を確認することができる。

発表会のポイント

1. 8年ぶりのフルモデルチェンジで商品性向上
2. 全機種「長生きバッテリ」採用
 ・2倍長持ち
 ・長く安心して乗って貰える→経済的、エコ
3. 新製品保証期間延長
 ・バッテリ2年
 ・ドライブユニット3年
 ・フレーム・フロントフォーク3年
4. 高機能化
 ・好評アシスト機能は継承、進化
 ・デジタルメーター付きメインスイッチ
 ・新フレーム

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_101370_content_p700_5ec0f3ab74ffcc2021c778bd654134eb.jpeg

//////

最後に質疑応答。

Q. 2010年モデルと互換性はあるのか?

A. 申し訳ありませんがありません。充電器は共通です。

Q. 2011年度の販売計画と市場の展望は?

A. 来年度は41万台をターゲットに。3年後、5年後は情勢の変化によるが、マーケット自体は健全な上京にあり成長を続けると見ている。

いずれ45万台、50万台に、さらに継続して成長していくマーケットにしていきたい。

Q. 現行バッテリ(旧来モデル)の生産はどのように考えているか?

A. 最低10年とか、お客様が使う年数は供給することを考えている。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_101370_content_p702_2600b4f1a9a0c1ca478f2351d3d03187.jpeg