snapshot-1272437447.845764.jpg

AMN経由で開催された、マクドナルド x 東映 x バンダイ「仮面ライダーバトル ガンバライド」ブロガーミーティングに参加させて頂きました。ガンバライド開発の裏側などを伺いました!

我が家は小学2年生、幼稚園年少の男子が二人おりますので、ガンバライドは当然のようにやっております。

今回、ガンバライドのブロガーミーティングが行なわれることを嫁さんに話したところ「それは間違いなく行きなさい」と指令が下されたので、速攻で申し込みした次第です。

//////

ハッピーセット企画担当のウスイ氏からプレゼンテーション。

ハッピーセットは20年以上やっているが、仮面ライダーとのコラボは初めて。

家族の外食のナンバーワンのチョイスになりたい、というのがゴール。そのために、いろいろな楽しい企画をしている。

ハッピーセットは世界中のマクドナルドにある。海外では「ハッピーミール」と言われことが多い。ターゲットは未就学児から小学校1〜2年生くらい。購入者は主に母親。

1987年より発売開始(2010年で22年)。3〜4週間くらいのプログラムが基本。おもちゃは6〜8種類。年間では1億食以上を販売している。

どんなことを考えているか?

・お客さんを喜ばせたい、驚かせたい
・一人でも、みんなでも遊べる
・キャラクターの世界観とマクドナルドの世界観が合うように
・企画を通じてもっと親子が仲良くなるきっかけに

キャラクター選定基準/条件は?

・マクドナルド限定感
・キッズレバレンシー(男子=カッコイイ/女子=カワイイ)
・両親の受容性(暴力、性的表現があるとNG)
・2世代間の受容性(父親も大好き)
・革新的、新技術の機会(デジシリーズ、ビートスターシリーズ)
・フルコラボレーション(ブランドとキャラが一心同体に)
・お得感

マクドナルドで子供用に配っているものは、安全基準をクリアしている。

三角ネジ:家庭用のドライバで分解できない
音量テスト:耳の近くで音がなっても大丈夫な周波数
強度テスト:破片によるケガや誤飲を回避

なぜ仮面ライダーなのか?

1971年生まれの仮面ライダーと日本マクドナルド。相性が良い。2世代で楽しめるキャラクターである。平成ライダーはお母さんにも人気が高い。お父さんもお母さんも好き。

ガンバライドはだいたい親子でプレイしている。子供がバトル係、親がアーカイブ係。人気ライダー、懐かしいライダーが揃っている。

2010年5月7日からマクドナルドのハッピーセットのおまけとして配布されるカードのラインナップは、

・ファングジョーカー
・サイクロンジョーカー
・ヒートメタル
・ルナトリガー
・アクセル
・モモタロス

の6種類で、マクドナルド限定デザインになっている。バンダイ、東映とコラボレーションしているが、カードの技のためにシナリオを変更してもらった(モモタロスの技)。

テレビCMにはモモタロスが登場する! 最後に「I'm lovin' it」もモモタロスが言っている。

コラボレーション企画として「I'm lovin' it」と声の入る着ボイスも10種類登場予定。

DSとのコラボレーション企画で、ガンバライドのパスワードで遊べるDSオリジナル企画も登場。カートリッジなし本体のみで遊べるゲーム。

//////

質問タイム

Q:モモタロスがCMに登場するのは、スーツアクターが入っているのか?

A:大人のルールでは中の人はいないことになっているが‥‥分かる人には分かるはず。

//////

この後は映画の特報を大量に見まくりました!

//////

そして最後にスペシャルゲスト登場!

amn_kamen_rider_042078.JPG

amn_kamen_rider_042079.JPG

amn_kamen_rider_042080.JPG

amn_kamen_rider_042082.JPG

amn_kamen_rider_042083.JPG

amn_kamen_rider_042084.JPG

amn_kamen_rider_042085.JPG

amn_kamen_rider_042086.JPG

amn_kamen_rider_042087.JPG

amn_kamen_rider_042092.JPG

amn_kamen_rider_042093.JPG

amn_kamen_rider_042094.JPG

amn_kamen_rider_042095.JPG

amn_kamen_rider_042096.JPG

amn_kamen_rider_042097.JPG

//////

仮面ライダーは我が家でも人気のキャラクターなので嬉しいですし、マクドナルドだけに留まらずにガンバライド、映画とコラボレーションしているのが良いですね。家族で楽しめる、というマクドナルドのコンセプトにもピッタリなのでは、と思いました。