snapshot-1268021089.541638.jpg

招待制のオンラインファミリーセールサイト「BRANDS for FRIENDS(ブランズ・フォー・フレンズ)」の日本進出記者発表会のレポートをお届けします。

snapshot-1268021473.640475.jpg

最初に代表取締役のアルメル・カイエール氏によるプレゼンテーション。招待制のオンラインファミリーセールのオンラインサイトという説明。欧米では広まっているそうです。

続いてドイツ「BRANDS for FRIENDS」のクリスチャン・ハイトマイヤーCEOによるプレゼンテーション。

「2007年9月にドイツでオープンした。数ヶ月でナンバーワンのショッピングサイトに。アルメルと出会い、日本の市場を確かめようと来日したのが1年前で、市場で成功すると確信した」

//////

snapshot-1268021828.917601.jpg

マーケティング担当の窪田正彦氏氏より事業展開について。

3月8日21時より初のセールを開催する。ブランド価値を棄損せずに、在庫を消化するソリューション。ヨーロッパで2001年にスタート。市場はフランスで1,100億円程度と推測。

特徴:

- 期間が限定されている(2〜3日)
- クローズドコミュニティ
- セールが終了すると消える
- 履歴が残らない(検索もされない)
- 新しい販売チャネルとして寄与

従来のファミリーセールは会場を借りたり、首都圏の人しか参加できないといった問題がある。アウトレットもコストがかかる。

オンラインファミリーセールは、ブランドサイドにも顧客サイドにもメリットがある。セールイメージを与えない。ローコストで運営が可能。サイズなど一部商品については返品にも対応。

ドイツの「BRANDS for FRIENDS」について。2年で登録会員数は250万人を突破。2009年の売上は100億円を突破。

物流はヤマト運輸と提携。ファッション、家具家電、スポーツ、キッズ、ランジェリーなど取り扱い。ドイツの「BRANDS for FRIENDS」の成長を目標に事業展開したい。

//////

2010-03-08_1323.png

「BRANDS for FRIENDS」はローンチを記念して75時間、誰でも会員登録が可能になっているそうです。サイトから登録可能です。

また@b4fjというツイッターアカウントが既にスタートしており、記者会見のテキスト中継を行っています。

//////

snapshot-1268022447.254883.jpg

最後に「BRANDS for FRIENDS」のサイトの説明が行われました。商品をカートに入れておける時間は15分だそうです。

//////

質疑応答:

Q:日本社の資本構成と従業員数は?

A:8,800万円くらい。資本金のコミットメントはこの数倍。社員は12人。大株主はドイツの「BRANDS for FRIENDS」。

Q:今後のカテゴリ数、構成割合は?

A:毎回毎回違ったものが出てくるが、2週間のセールの中で女性向けが2回、男性向けが1回、スポーツ、インテリア、キッズといった網羅ができるように想定している。

Q:物流拠点は?

A:ヤマトの倉庫を借りている。

Q:売上目標は?

A:ドイツと同じ。

Q:国内のブランドが占める割合は?

A:国内ブランドも海外ブランドも取り扱う。並行輸入はやらない。

Q:送料はどのようになるか?

A:630円で全国一律。

Q:一日に何セール行なわれますか?

A:当初は週に3〜4ブランドになる。もちろん増えていく。1年後は毎日1つのセールがあるようにしたい。

//////

「ブランズ・フォー・フレンズ」石田純一と山口もえに続く。