2009-12-17_1152.png

富士通からドキュメントスキャナ「ScanSnap S1300」をONEDARI BOYSでONEDARIさせて頂いたので、Macと一緒に使っているレポートをお届けします。

欲しいものをオネダリして、頂けたら感想を書くというのが「ONEDARI BOYS」です(実年齢はもう“ボーイズ”ではありません)。

ドキュメントスキャナというのは、紙の書類をどんどん読み込めるというアレです。会社で使いそうですが、実は個人で使っても便利なものだったりします。

例えば雑誌のバックナンバー。本当に必要なのは数ページだったりとか、そういうのありますよね。そういう場合に必要な箇所だけスキャンすると、雑誌本体は捨ててもOKです。

個人的には名刺の整理やEvernoteとの連携に興味があるので、そのあたりを中心にレポートしてみたいと思っています。

ちなみに「ScanSnap 1300」という機種は、WindowsとMacの両対応だそうです。

ということで早速、まずは開梱の議です。

scan_snap_120342.JPG

コンパクトな箱なので、購入したらそのまま手で持ち帰るのも苦にならなそうです。

scan_snap_120343.JPG

本体、ACアダプタ、USBケーブル、USBから給電するケーブルなどが入っています。

電源があればACアダプタで給電できるし、PCのUSBからも給電して使えるので、モバイルでの利用も可能ということですね。

scan_snap_120344.JPG

本当に小さくてびっくりです。

scan_snap_120351.JPG

iPhoneと比較するとこんな感じです。

scan_snap_120345.JPG

デザインもシンプルイズベスト。カッコイイです。

scan_snap_120346.JPG

ガパッ。使用時はこのように開いて使います。

scan_snap_120347.JPG

用紙サイズは最大でA4まで大丈夫みたいですね。自動給紙で両面同時読み取りです。最大10枚まで給紙できます。

scan_snap_120348.JPG

「スキャナをパソコンに接続する前にソフトウェアをインストールしてください」という注意書きがありますが、もしかするとそのまま使えてしまうんではないかと思って、とりあえず接続だけしておきます。

scan_snap_120349.JPG

MacBook AirはUSBポートが一つしかないので、給電はACアダプタから行います。

scan_snap_120352.JPG

通電すると「Scan」というボタンが青く光ります。よし押してみる!

→何も起こらない

改めてマニュアルを確認すると、やっぱりソフトウェアをインストールしておかないとダメみたいです!(当たり前)

MacBook Airなので、Super Driveを接続してソフトウェアのインストールします(ウェブからソフトだけダウンロードできる便利だと思ったのですが、残念ながらそこまではありませんでした)。

2009-12-17_1222.png

インストール完了!

点滅していた「Scan」ボタンが、常時点灯に!

とりあえず適当な紙をさして「Scan」ボタンを押してみます。

2009-12-17_1234.png

ゴゴゴゴォォォ(スキャン始まった!)。

2009-12-17_1234-1.png

シュイーン(スキャン終わった!)。

ということで、ボタンを押したらすぐにスキャンが始まり、表面と裏面をスキャンし、さらに保存先を指定して終了しました。

もっと複雑だと思っていたけれど、これは簡単すぎる!!

ということで、次回はさらにいろいろスキャンしてみたいと思います。

↓ちなみに「楽2ライブラリ パーソナルV5.0」というのは、Windows用のデジタルファイリングソフトウェアだそうです。ナシのモデルがAmazonでは約22,000円です。

FUJITSU ScanSnap S1300 FI-S1300

B002X492PK

FUJITSU ScanSnap S1300 楽2ライブラリパーソナルV5.0セットモデル FI-S1300-SR

B002X492PU