200909151942.jpg

AMN経由で、サンヨー「eneloop」のブロガーミーティング「社会貢献をあなたと考える、エネループ・ミーティング」に参加しております。そのレポートをお届けします。

200909151953.jpg

■アドバンスデザインセンター清水氏によるプレゼンテーション

エネループの新製品「エネループランタン

・特長
  安全
  清潔
  簡単
  ハイクオリティ

・ワンボタンで3つの段階に調整可能
・SOSにもなる
・積み上げて連結したり、ヒモで結ぶこともできる
・ソーラーパワーでエネルギーを作りランタンに充電する
・このランタンを無電化地域に広げたい
・エネループユニバースが社会に貢献できる一つの形である

200909151959.jpg

■マーケティング本部イトウ氏によるプレゼンテーション

・無電化地域に灯りを贈るプロジェクトを担当
・「さあ、eneloopの輪に入ろう。
・エネループサイトでの活動によりポイント蓄積
・ポイント数に応じて無電化地域にランタンを贈る
・10万ポイントごとに250台を灯りのない村へ
・世界に無電化地域は4人1人(電気にアクセスできない)

ランタン開発秘話

・2006年10月にウガンダ共和国の大臣が日本に
・ソーラーパネルが役立つと手紙が届いた
・ケロシンランプ(灯油)を使っているが健康に悪い
・ウガンダでは子どもが勉強で使ったりしている

実際に会場を暗くして「エネループランタン」を点灯してみた

200909152010.jpg

会場を真っ暗にしたけれど思ったより明るい印象

200909152014.jpg

ウガンダにいってきた井上春生監督による話

・商業映画を撮る傍ら映画で文化復興ができないか考えている
・ウガンダとインドにいってきた
・ウガンダに着いた日に空と星がきれいなことが印象に残った
・街の電気がないから空が明るい
・太陽が重要だと肌で感じた
・ウガンダは標高1,000mで意外に涼しい
・不幸な歴史を背負った国だが国民は明るい
・5日間歩き回ったが子どもたちが働いているのが目についた
・エイズで働ける親たちがいなくなってしまった
・親戚など地域が子どもたちを守っている
・温かさを紡ぎだしてくるのがランタンかなと思う
・日本は箱モノの支援はうまいが‥‥
・今回のランタンはいつでもどこでも持ち歩けるのが便利
・病院をつくるよりはモバイルドクター
・ランタンの支援のありかたは良いと思う

200909152030.jpg

2009年9月14日にウガンダの小学校で寄贈式

・寄贈式では現地の人から大きな歓声が広がるほど喜ばれた
・写真を見て涙がこぼれた
・サイトに「世界の無電化地域に‥‥」プロジェクト作成

質疑応答

・現地にサンプルを送って色を決めた
・白がいいが無駄にならないように
・日本での発売予定あり(色は検討中)
・商品として販売しながら寄付もする
・価格は未公表
・現地の価格は55〜60ドル(ランタン+パネル)
・一番明るくて5時間、暗めで20時間(3200mAh)
・メンテナンスもしていくつもり(無料ではないと思う)
・過酷な条件で、ということでテストしている
・透明な部分のプラスチックもかなり肉厚にしている
・不細工な筒状は壊れにくさのため
・防滴、防水も考えている

//////

今回はサンヨーから、

“さぁ、eneloopの輪に入ろう。”
「eneloop読者プレゼントキャンペーン」

として読者プレゼントがあります!

SANYO eneloop ニッケル水素充電器セット N-MDR02S

B000BY6CUM

↑こちらをを3名にプレゼントとなります!

SANYO eneloopソーシャルレビュー申し込みページ」からご応募くださいね!