丸の内のバカラバーで開催されたキリン「ザ・プレミアム無濾過」の発売を記念したイベントに招待して頂きました。

kirin_muroka_20080523_963.JPG

最近は「ハイボール」ばかり飲んでいますが、ビールを全く飲まない訳ではありません。

むしろ20歳過ぎから浴びるように飲みはじめ、ビールでお酒を飲むことを覚えたのは間違いないのです。

思えば質より量だった時代を経て、まさか自分がプミアムビールに味わいを感じるようになるとは‥‥それなりに、いい年になってきたってことですかね。

kirin_muroka_20080523_969.JPG

さて、キリンが2008年5月28日より発売する「ザ・プレミアム無濾過」イベントのレポートです。

名前の通り「無濾過」というのは「濾過していない」ということになります。

熱処理していない方が美味しいことでの「生」ビール、さらに進めて濾過していない方が美味しいからの「無濾過」ビールなのだとか。

kirin_muroka_20080523_971.JPG

なぜ「無濾過」でビールを作りたいと思ったのか?

実はビール工場の貯蔵タンクにある無濾過のビールが、最も美味しいのだそうです。

濾過すると酵母やタンパク質が取り除かれるのですが、逆に入っていることで、豊かな香り、味が楽しめます。

これは醸造技師だけが知る味で、これを「なんとか届けられないか?」ということで開発されたのが「ザ・プレミアム無濾過」という訳です。

目指したのはビールの原酒のうまさ

ただし、常温での品質維持が難しいため、チルド配送が必要。現時点で全国展開できるのはキリンだけというお話でした。

kirin_muroka_20080523_967.JPG

余談ですが、シングルモルトのような高級感を目指すために、黒いラベルを使用するというチャレンジをしたそうです。

実は「ザ・プレミアム無濾過」のイベントに参加させて頂くのあたり、ひとつ気になっていたことがあったのです。

「プレミアムビールってなんだ?」

高級感のあるビールということは分かりますが、果たして定義のようなものはあるのだろうか、と。

開発を担当された方が会場にいらしたのでズバリ質問すると「プレミアムビールの定義はない」ということでした。

ビールに対する思い入れで各社の判断で「プレミアム」を冠するそうです。

あまり御託ばかり並べてもアレですので、実際に飲んだ感想を先に書いてしまいます。

kirin_muroka_20080523_983.JPG

まず感じたのはフルーティーな味わいです。そしてビール特有の苦味がなく、いろいろな味わいが深く伝わります。まさに味わう感じです。

後で聞くと、これまでのビールは「のどごしすっきり」だったけれど「ザ・プレミアム」は反対に考えて、ビールのいろいろな味わいを提供したかったそうです。

確かに食事をしながらではなく、ビールの味わいだけをゆっくり楽しむのが良いな、と思いました。

kirin_muroka_20080523_975.JPG

苦味が感じられないということに、実は秘密がありました。

本当は苦味値は相当、高いのだそうです。しかし、味のバランスが良いために、苦味が目立たなくなっている、のだそうです。

実は苦いのに、苦味を感じないというのは、すごい話だと思いました。ビールの苦味が苦手な人が飲むと、どうなるのでしょう?

さらに炭酸をあまり感じなかったのですが、これもあえてのどごしより味わいのために少なくしているそうです。

まとめると「ザ・プレミアム無濾過」は、

香りがあって
味わいがあって
飲みやすい

ということになるでしょうかね。

kirin_muroka_20080523_980.JPG

ちなみに自宅で飲むには330ml瓶で入手します。捨てる手間が気になるところですが、これまでの瓶の約半分の重量(約170g)になっています。

缶でも大瓶でも出せるけれど、あえて手触りや開栓した時の音など、五感で楽しんでもらうための、小さめの瓶だそうです。

コンビニで購入できるということなので、入手自体はさほど難しくないと思います。

最後に!

お店で飲む場合ですが、ビール樽の冷蔵機能をもっている専用のビールサーバが必要なため、どこでも飲めるものではありません。

限られますが、ぜひ生ビールを飲んで頂きたい。

だって究極に美味しいんだもの!

kirin_muroka_20080523_999.JPG

生は泡が上質でした。きめこまかい。これは飲めるお店を探してもいいな、と思いましたね。

もちろん、瓶でも十分に美味しいんですけどね。

6月20日発売に先行して生ビールが飲めるお店

▼Bar Frankie(丸の内ハウス)(5月30日〜6月15日)
P.C.M. Pub Cardinal Marunouchi(6月2日〜6月15日)

/////

開発の話が出たのが2007年夏。通常は1年はかかる開発を急ぎ、2008年5月の発売にこぎつけました。

その理由は? との問いの答えは「父の日のプレゼントに間に合わせたかった」と。

この「ザ・プレミアム無濾過」をもらったら、お父さん、喜んじゃいますよ。

KIRIN_ザ・プレミアム無濾過<リッチテイスト>
人、音、店、味。ザ・プレミアム

7月30日に「ザ・プレミアム無濾過」のホワイトビールが登場するらしいので、それも実に楽しみだったりします!

■一緒に参加したブロガーのエントリー

あひるちゃんがゆく:バカラグラスで濃いビールを 〜キリン ザ・プレミアム無濾過
くうねるあそぶ: キリンの最高級ビール「ザ・プレミアム無濾過」のプレミアムナイト
Going My Way: うまさとコクをそのままゴクリ。KIRIN ザ・プレミアム無濾過<リッチテイスト>
つんどらの会: キリン ザ・プレミアム無濾過@B Bar Marunouchi
[を] ザ・プレミアム無濾過<リッチテイスト>を飲んできました!