「シングルモルト余市1987」が「ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)」を受賞したことを受けて開催されたブロガーミーティングに参加しました。

yoichi_20080516_903.JPG

ニッカウヰスキー本社ビル地下1階にある「ニッカ・ブレンダーズバー」で開催されました。

実はネタフルで、

「シングルモルト余市1987」世界最高のシングルモルトウイスキーに

というエントリーを書いてまして、受賞のことは知っていたのです。

ただ「WWA」がどんなものか知らなかったので、その途方もないすごさを理解しないままに行ったのですが、チーフブレンダーである久光氏の話を聞いてようやく分かりました。

恐らくワールドカップで日本が優勝してしまったくらい、の勢いなんだと思います。

yoichi_20080516_902.JPG

「WWA」はウイスキーの本場であるイギリスで開催されるのですが、誰も日本のウイスキーが優勝するなんて思ってないと。ましてやシングルモルトの部門で。

日本の優勝を「コングラッチュレイション!」と祝ってくれたのは、インド人だけだったというエピソードからも分かります。

ブラインドテイスティングで優秀なウイスキーが選ばれるので、これはもう完全に素晴らしいからこその優勝なのですね。

で、今回はその「シングルモルト余市1987」をテイスティングさせて頂いたのでした。

yoichi_20080516_896.JPG

テイスティングしたのは、以下の4種類です。

・シングルモルト余市 500ml
・シングルモルト余市 12年
・シングルモルト余市 1987
・シングルモルト余市 1987 "NON-CHILL FILTERED"

まずはテイスティングの仕方を教えてもらうということで「12年」から。

yoichi_20080516_901.JPG

実は加水すると香りが開くのです。だから、ブレンダーが味わう時にも加水するのです。

なんとなく「いいウイスキーはストレートじゃなきゃ」みたいな縛りを感じていたのですが、決してそんなことはないのです。

そして「1987」「1987 "NON-CHILL FILTERED"」という順番でテイスティングしたのですが、当たり前なのですが圧倒的な存在感でした。

yoichi_20080516_897.JPG

yoichi_20080516_898.JPG

残念ながら両者の味を見分けることは、ぼくにはできなかったのですが、どちらも香り高く雑味のない、そして芯のあるウイスキーでした。

芯があって自己主張するというのは、ぼくが感じるニッカウヰスキーの特徴かもしれません。

アルコール度数が高いのですが、フルーティーな香りに誘われて、もう一口もう一口とついつい口に含んでしまいます。

味もそうですが、本当に華やかな香りが印象的でしたね。いつまでもかいでいたいくらいの、ウイスキーってこんな香りがするの? という驚きもありつつ。

今回、とても印象に残ったのは久光チーフブレンダーの、

ウイスキーは時間を飲むお酒

という言葉です。

20年もののウイスキーは、20年前の先人が残してくれたものから作られている、だから感謝している、久光チーフブレンダーは何度も繰り返しました。

また、

ウイスキーは語り合えるお酒

という言葉も、最近はよく分かります。

「ハイボール」ばかり飲んでいるように見えるかもしれませんが、バーにいけば普通にウイスキーも飲みます。

そこで新しいウイスキーに出会えることが、また楽しいのです。

余市にも「なぜ余市に蒸留所が作られたのか」などさまざまなストーリーがあります。そういうサイドストーリーを知ることで、また味わい深くなるのです。

35歳にして、ようやくウイスキーを愉しむことの入口に立ったんだなと、改めてそんなことを感じた夜でした。

/////

テイスティング終了後、余市を自由に飲んで良いというお話だったので、15年で「ハイボール」を作ってもらいました。

yoichi_20080516_904.JPG

ニッカウヰスキーは自己主張が強いと書きましたが「ハイボール」にしても同じく、非常にウイスキー感が強い「ハイボール」でした。

こういう味わいもまた、いいですね。

さらにノーエイジのシングルモルトでも。

yoichi_20080516_906.JPG

こちらはやはり、15年に比べるとはるかに自己主張が少なくなります。ウイスキー自体が持つパワーの違いなのでしょう。

ただ例えば毎日、飲むのであれば、こちらの「ハイボール」の方が飲みやすいかもしれません。

ちなみにソーダは「ウィルキンソン」でした。

/////

残念ながら「余市 1987」は限定品のため、既に購入することができません(バーに在庫があれば飲めます)。

代わりに「WWA」受賞記念として「余市 1987 "NON-CHILL FILTERED"」が販売されます。限定1,350本!

価格は20,000円で、ただいま予約受付中です。興味のある方は、ぜひ。

■関連エントリー

「シングルモルト余市1987」世界最高のシングルモルトウイスキーに
「シングルモルト余市」ブロガーミーティングであのウイスキーが飲めるらしい!
バー「DOVECOT(ダブコット)」(浦和)