スポンサードリンク

実は名前の読み方を間違えていた有名人ランキング1位は「黒木華」2位は「有吉弘行」え、有吉!?

スポンサードリンク

4898154425

人名の読み方というのは難しいもの。シンプルな読み方もあれば、一捻りしたものがあったり。

実は名前の読み方を間違えていた有名人ランキング」というのがあったのでご紹介したいのですが、1位は「黒木華」でした。「はな」じゃないの‥‥? と思っている人も多そうですね?

では2位の「有吉弘行」は? え!?

スポンサードリンク

こんなランキングになっております。

1位 黒木華

2位 有吉弘行

3位 米津玄師

4位 菊間千乃

5位 細貝萌

「黒木華」は「くろきはる」と読むことはけっこう知られてきているような気もしますが、そうでもないでしょうか? 普通だったら「はな」ですよね。「え、はるだったんだ!」という驚きとともに覚えることができました。

「米津玄師」は「よねづけんし」です。「げんし」じゃないんですね。最初はグループ名かと思っていました。

フジテレビアナウンサーで現在は弁護士となった「菊間千乃」は「きくまゆきの」と読みます。アナウンサーとしてたくさんテレビに出演した頃に覚えました。

元浦和レッズの「細貝萌」は知らない人は読めないとのは当然だと思いますが、これが「もえ」ではなく「はじめ」なんですねぇ。レッズサポーターなので、これは難なく読めます。

で、2位の「有吉弘行」です。

難しい読み方はなく、一見すると分かりやすい名前かと思いきや‥‥「ありよしひろいき」だそうです。こんなにたくさんテレビにも出ているのに! 何十年も「ひろゆき」だと思ってましたよ!

有吉弘行 - Wikipediaを読んだら驚愕の名前の秘密が。

名前の読みは「ひろゆき」ではなく、「ひろいき」である。父親は本当は「ひろゆき」と名付けようとしてたのだが、出生届に「ひろいき」と誤って記入してしまっため名前が「ひろいき」となった。そのため父親からはずっと「ひろゆき」と呼ばれていた

書き間違いだったのかよー!!!

スポンサードリンク

前へ

Appleが「iPhone XS/XS Max」で撮影したベストな写真を紹介

次へ

ネタリスト(2018/10/09 09:30)プロが使い倒して納得!Apple Watchの進化はiPhone以上だ!