スポンサードリンク

分かればバブル世代認定!懐かしのバブリーワードランキング1位は「ねるとん紅鯨団」

スポンサードリンク

B019S5YOJU

このランキングを懐かしく感じるのは、もはやアラフィフ以上の世代でしょうか?(ええ、ぼくもアラフィフの仲間入り)

gooランキングに「分かればバブル世代認定!懐かしのバブリーワードランキング」というのがあり、1位は「ねるとん紅鯨団」でした。

ね、る、と、ん!

スポンサードリンク

「ねるとん」という単語自体が、男女の出会いを意味するような単語となって「ねるとんパーティー」なんてのも行われましたよね。

ということで、トップ5です。

1位 ねるとん紅鯨団

2位 アッシーくん

3位 ボディコン(ボディ・コンシャス)

4位 ポケベル(ポケットベル)

5位 ワンレン(ワンレングス)

バブリー!

っとことで、平野ノラがブレイクしたから「ボディコン」とか「ワンレン」というのは通用するかもしれませんね?

そして、ポケベルもどっこい生きているといいますか、最近は防災用として注目を集めているようです。

例えば、ポケベル再び脚光=避難情報の受信機に-届きやすい電波、防災に期待という記事があります。

国内で唯一ポケベル波を使った防災無線事業を手掛ける「東京テレメッセージ」(東京都港区)によると、防災行政無線より波長が短く、建物の中に届きやすい特長がある。受信機は文字情報を受け取る点で以前のポケベルと同じだが、音声に変換して読み上げる機能を持つ。

「過去の遺物」ポケベルの今 “第2の人生”防災ラジオへの転身ってどういうこと?では電磁波を出さないので医療関係者に使われているとか「23区ならポケベルは、2つの基地局でカバー」できるといったメリットがあるのだそうです。

レガシーな技術が改めて注目を集めているのですね。

スポンサードリンク

前へ

【季節限定】サントリー「東京クラフト〈セゾン〉」呑んでみた【感想】

次へ

ネタリスト(2018/08/27 13:00)「ついていけない」「あきらめた」……Pokémon GOでユーザーのギブアップ続出?