4797673435

珍名さんと言ってしまうと少し失礼な雰囲気もありますが、珍しい名前であることは間違いないでしょう。三文字の名字だけど、普通は読めないものがランキングとなっています。七五三、奉日本、奴留湯など、知らない人にとっては全く読み方が想像できない名字なのではないでしょうか? これ読める?読めたらすごい「三文字苗字」ランキングとなっています!

苗字のほとんどは二文字のものが多いですが、他に一文字や三文字、中には四文字や五文字といった非常に長い苗字も存在します。 文字数が多いとそれだけ読むのが難しい苗字も多く、比較的多い三文字の苗字は知らないとビジネスの場で恥をかく事も...。

一文字、二文字の名字の人には出会いますが、確かに三文字というそれだけで名字としては珍しい‥‥カモ‥‥。

気になったiPhoneの連絡先アプリを確認してみましたが、確かに三文字は少ないです。いたのは宇佐美、小笠原、久保木、佐々木など、何百人かいるうちの10名にも満たないほどでした。四文字以上の名字の方はゼロでした。

ということで、読み方の難しい三文字名字のランキングは次のようになっています。

1位 七五三(しめ、なごみ)

2位 奉日本(たかもと)

3位 奴留湯(ぬるゆ)

4位 四十谷(あいたに)

5位 御薬袋(みない)

実はさいたま市には「七五三」という名の付いた病院があり、その看板を見たことがあって印象に残っていたので「しめ」だけ読めました! しかし三文字なのに読みが二文字というのも不思議ですよね‥‥。

興味のある方は、読み方の想像すらできない「4文字以上の苗字」ランキングもどうぞ!