4522475497

戦ぐ‥‥階‥‥泥む‥‥なんて読むかご存知ですか? 簡単な漢字なのに、その読み方が分からない‥‥というランキングがありました。階段だから階はカイじゃないの‥‥? 違うんです。普段は使わないような読み方してました。ぜひ簡単な字なのに意外と読めない漢字ランキング - gooランキングをチェックして下さい。

日常でよく目にする漢字でも、1文字で読んだりする時に読みにくくなる漢字があるの、ご存知ですか? 例えば「専門」の「専」ですが、送り仮名を振ると「専ら」となり、「もっぱら」と読むようになります。

うんうん、専ら、は知ってました。これは意外に使われているかも? しかし、ランキング上位に出てくる漢字の読み方は難しいですよ。

簡単な字なのに意外と読めない漢字のトップ5です。

1位 戦ぐ

2位 階

3位 泥む

4位 希う

5位 集く

最近、ネットで「集く」を見かけて「これはなんて読むんだろう?」と思っていたところでした。読み方は「すだく」です。す、すだく!? 群れをなして集まるといった意味だそう。

ちなみに次のような読み方になります。

1位 戦ぐ(そよぐ)

2位 階(きざはし)

3位 泥む(なずむ)

4位 希う(こいねがう)

5位 集く(すだく)

「こいねがう」というのは、ちょっと想像を超えた読み方でした。ちなみに、Google日本語入力は「すだく」以外はちゃんと変換してくれました。

他の漢字も気になる方は、ぜひコチラからどうぞ。