談志声門がん克服1カ月半放射線治療28回という記事より。

落語家立川談志(73)が声門がんを克服していたことが6日、分かった。声門がんは喉頭(こうとう)がんの一種で、声帯にがんが発生する。喉頭がん全体の6割を占めるが、治癒率は高いという。

落語家・立川談志が声門がんを克服したというニュースです。治癒率が高いそうですが、本当に良かったと思います。

9月にのどの組織の検査手術を受けたところ、このままだとがんになる可能性がある初期的な症状が見られ、投薬治療などを行った。その後、精密検査の結果、声門がんと診断されたという。

初期に見つかったのも幸いしたと思いますが、何より声を使う職業ですからね。その後、1ヶ月半に渡って28回もの放射線治療により、声も元のように戻ったということです。

談志は97年に食道がんの摘出手術を受け、98年と03年にも食道がんの手術を受けている。今回、声門がんにも打ち勝った談志の復活ぶりが注目される。

4度目のがんですからね‥‥本当にすごいです。

人生、成り行き―談志一代記

人生、成り行き―談志一代記

立川談志 ひとり会 落語ライブ '92~'93 DVD-BOX 第一期

立川談志 ひとり会 落語ライブ '92~'93 DVD-BOX  第一期

現代落語論―笑わないで下さい (三一新書 507)

現代落語論―笑わないで下さい (三一新書 507)