木久蔵改め木久扇、応募から選出という記事より。

落語家林家木久蔵(69)の新しい芸名が林家木久扇(はやしや・きくおう)に決まったことが28日、発表された。

一般公募されていた林家木久蔵の新しい芸名が「林家木久扇(はやしやきくおう)」に決まったそうです。

これは長男である林家きくおが、父の林家木久蔵を襲名することによるもので、合計3万通以上もの応募があったということです。

ちなみに「木久扇」はわずか2通でした。

木久蔵は「扇が広がって大きく羽ばたく、落語界を包み込んでリードする名前。センス(扇子)につながる」と選んだ理由を説明。

恐らく変わったネーミングも多かったと思うのですが、良い意味で普通の芸名に決まった気がします。「木久扇」を投稿した人には木久蔵ラーメン1年分が贈られます。

昭和芸能史

昭和芸能史

-40周年記念特別愛蔵版-笑点 大博覧会 DVD-BOX

-40周年記念特別愛蔵版-笑点 大博覧会 DVD-BOX

お笑いソングブック~ナンセンス歌謡の日々~

お笑いソングブック~ナンセンス歌謡の日々~

■関連記事

木久蔵改め木久扇、息子が木久蔵襲名

初のダブル襲名は、今秋。きくおが抜てきで真打ち昇進することになり「親としては、せがれの後押しをしてやりたい。名跡を譲って、私も新しい名でまだまだ羽ばたきたい」(木久蔵)との思いに「笑点」が乗ったもの。