B00UBBGGCY

「空の産業革命」とも言われ、今後の活用に期待がかかる小型無人飛行機「ドローン」ですが、規制がかかるきっかけになるかもしれません。首相官邸の屋上に「ドローン」が落下しているのが発見されました。首相官邸の屋上にドローン落下 小型カメラ付きという記事になっています。

22日午前10時40分ごろ、東京都千代田区の首相官邸の屋上に無人航空機(ドローン)が落ちている、と官邸職員から警視庁に通報があった。麴町署によると、ドローンは直径約50センチで小型カメラがついていた。けが人はいなかった。

Amazonが「ドローン」による荷物の配達を計画するなど、利便性があるのはもちろんなのですが、一方で落下する危険性を指摘する話も増えているところでした。今回の事故で、誰もが自由に「ドローン」を飛ばせる、という方向にブレーキがかかることになるかもしれません。

首相官邸屋上に「ドローン」落下によると「プロペラが4つあるほか、小型カメラや発炎筒のようなもの、それにペットボトルの様なものが付いていた」ということです。プロペラと小型カメラは一般的な装備ですが、発煙筒やペットボトルというのは、明らかに何かを狙って取り付けたものなのでしょう。

それ以外には低い高度を飛行する場合の運用のルールや、飛行の安全について、航空法に基づく取り決めはなく、総理大臣官邸の上空でも少なくとも200メートル以下での飛行についてルールは設けられていません。

昨今の「ドローン」は低空飛行するものがほとんどでしょうから、このあたりに何らかの規制が入ることが予想されます。小型のものは何かを搭載して飛行する性能はないでしょうから、それなりの性能のものに規制がかかることになるのでしょうか。

AR.Drone 2.0 Power Edition (「HDバッテリー」×2本、「カラープロペラ」×3色同梱)

B00HYO158Q