Playstation vr 1217

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が、バーチャルリアリティ(VR)システム「PlayStation VR(プレイステーション ヴィーアール」を2016年10月より、日本、北米、欧州、アジアにて44,980円/399USドル/399ユーロ/349ポンドで発売することを発表していました。

興味はありますが、PlayStation 4への投資も必要になるので、ソフトウェアも含めて10万円近い投資となると「PlayStation VR(プレイステーション ヴィーアール」は安く感じるものの、二の足を踏んでしまいます。二段階に分けて購入すればいいのかな?

230社以上が参入を表明、160本以上が開発中、2016年末までに「Eagle Flight」(ユービーアイソフト株式会社)「EVE: Valkyrie」(CCP Games)「Headmaster」(Frame Interactive)「Rez Infinite」(Enhance Games)「Wayward Sky」(Uber Entertainment)「RIGS: Machine Combat League」「つみきBLOQ VR」「Until Dawn: Rush of Blood 」「PlayStation®VR WORLDS」(SCE WWS)など、50本以上が発売予定となっています。

Playstation vr 1228

「PlayStation VR」のディスプレイ方式はOLED、サイズは5.7インチ、ディスプレイ解像度は1920×RGB×1080(左右の目それぞれに960×RGB×1080の映像を表示)、リフレッシュレートは120Hz、90Hz、視野角は約100度、6軸検出システム (3軸ジャイロ・3軸加速度)を搭載しています。

■関連記事

[GDC 2016]PSのハード&ソフトを統括する伊藤雅康氏に聞く。PlayStation VRと将来のPS4について - 4Gamer.net

SCEとしては,PSVRにとって,インタラクティブなVRゲームや,VR体験型コンテンツがメインのアプリケーションであると捉えています。ただ,360度映像に代表されるカジュアルなVRコンテンツは,ソニーグループを上げて取り組んでいく必要があるでしょうね

欧州AmazonでPlayStation VRの予約が開始されるも数分で完売 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

昨日PlayStation 4向けVRデバイス「PlayStation VR」の価格と発売時期が発表され、大きな注目を集めました。欧州一部地域のAmazonでは予約が開始(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア)されたものの、数分で完売となってしまったようです。

【西田宗千佳のRandomTracking】PlayStation VRは10月発売。PS4やBD大画面体験「シネマティックモード」も - AV Watch

今回新たに公開されたのは「シネマティックモード」の存在だ。これは、PS4の画面をそのままPS VR内に大スクリーン感覚で表示するもの。すなわち、既存のPS4タイトルも、Blu-rayの映画も、ネットの映像配信も、torneも使える。