PSP、国内累計販売1500万台突破 発売から5年9ヶ月という記事より。

携帯型ゲーム機『プレイステーション・ポータブル』(ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン)の国内推定累計販売台数が1500万台を突破したことが15日、エンターブレイン調べでわかった。

2004年12月12日の発売から5年と9ヶ月で「PSP」が国内累計販売台数1,500万台を突破しています。

なお、

・「ニンテンドーDS」シリーズ 3,100万台
・「Wii」 1,065万台
・「プレイステーション3」 550万台
・「Xbox360」 135万台

などとなっています。

PSP向けソフトの販売本数トップは「モンスターハンターポータブル 2nd G」で、廉価版を入れると400万本を売り上げているそうです。

ネタフルでは次のような記事も書いています。

「PSP」国内販売台数が1,000万台を突破
PSP、世界累計売上台数が5,000万台を突破

PSP「プレイステーション・ポータブル」 パール・ホワイト(PSP-3000PW)

B001F51GDY

モンスターハンター ポータブル 2nd G PSP the Best

B002Z14LGQ

■関連記事

ソニーPSP、国内累計1500万台を突破

国内累計販売台数は今月12日で1500万9120台。ただ、ライバルである任天堂の携帯型機「ニンテンドーDS」は発売から2年3カ月で国内累計販売台数1500万台を突破しており、PSはほぼ2倍の年月を要した格好となる。