PSP用カメラとGPSの発売日決定—「ちょっとショット」と「GPSレシーバー」という記事より。

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(以下、SCEJ)は、PSP用のカメラと専用ソフトウェアがセットになった「ちょっとショット」(PSPJ-15003)を税込み5000円で11月2日に、また「GPS レシーバー」(PSP-290)を税込み6000円で12月7日に発売すると発表した。

ソニーが、PSP用のカメラとGPSレシーバーを発表しました。名称は「ちょっとショット」と「GPS レシーバー」です。

ちょっと埃をかぶり気味だったPSPですが、これで復活するかも!?

カメラは必要ないかなぁ、と思ったのですが「動画をテンプレートにはめることができるので、ワイドショーの衝撃告白映像っぽく編集することができるとのこと」とか、テロップ、ふきだしをつけられるというのは、ちょっと面白いかも。

個人的に気になるのは「GPSレシーバー」の方ですね。

「GPSレシーバー」では、対応ソフトウェアとしてエディアが開発する「ナビゲーションソフト」だけでなく、コナミデジタルエンタテインメントの「メタルギアソリッド ポータブルオプス」や、セガの「プラネタリウムクリエイター 大平貴之監修 ホームスター ポータブル」、そしてSCEの「みんなのGOLF場(仮)」などに対応している。

クルマだとカーナビがついていて便利なのですが、バイクの場合はそうはいきません。起動に時間がかかるかもしれませんが、GPS+ナビソフトを持ち歩けるというのは非常に安心感があります。

どういう訳か最近、非常に道に迷いやすいのですよ。しかもバイクで出かけるのに地図も持ち歩いていないので、これはいいすかも。

価格が5,000円と6,000円で非常にリーズナブルな感じが良しです。

■関連記事

PSPの専用カメラとGPSレシーバーを発売-GPS対応ゲームソフトも発売予定

GPSレシーバーは、実用ツールからゲームまで幅広いジャンルの対応ソフトウェアと組み合わせることが可能。