ロケーションフリー(LF-PK1)のストリーミングを、自宅でPSP経由で見ることができるようになったので、それでは次はインターネット経由でしょう、ということで試してみました。

ホットスポット環境を用意して確認するのが問題だったりします。設定はしたけれど、さてどこで試したら良いものか? という話です。幸い、近所に義弟が住んでいるので、子供同士を遊ばせるついでにPSPを持ってお邪魔してみました。

ネットワークの設定後、PSPでロケーションフリープレイヤーを立ち上げてみます。何度か試してみたのですが、どうもロケーションフリーのサーバに接続できない云々のエラーメッセージが出ます。

これが自宅環境だったらロケーションフリーの設定をすぐに確認できるのですが、そうもいかないのが難しいところ。ということで、原因を推測し、帰宅して再度挑戦することに。

で、気づいたのが、全くインターネット向けの設定をしていないということ。そういえばマニュアルに「NetAVの設定をせよ」的なことが書いてありました。「NetAV」というのはWindowsのプロトコルか何かかと思っていたのですが、どうやらロケーションフリーをインターネット経由で見られるサービスのことのようでした。

つまり「NetAV」の設定をしない限りは、インターネット経由でロケーションフリーのストリーミングを見られないということになります。

帰宅し、早速「NetAV」の設定を試みてみました。

「NetAV」の設定は、ロケーションフリーの「設定」から「ベースステーション設定」を選びます。すると、インターネットブラウザを起動して設定ページにアクセスすることができます。ロケーションフリーに接続し、ログインしてベースステーション設定画面へ。

ここで、

・かんたん設定 ルータがUPnPに対応している場合
・詳細設定 手動設定する場合

の2種類を選択できます。AirMacベースステーションがUPnPに対応していないことは知っていたのですが、とりあえず「かんたん設定」にチャレンジ。案の定、UPnPに対応しているルータが見つからないため、手動設定でポートフォワードするように云々というエラーが出てしまいました。

ここからは未知の領域です。なんとかなるかと「AirMac管理ユーティリティー」を起動します。「設定」に「ポートマッピング」という項目があります。どうやらこれらしいです。ただ、詳しい設定方法はよく分からなかったので、とりあえず、

・パブリックポート 5021
・プライベートアドレス 「現在の状態」から取得できるロケーションフリーのIPアドレス
・プライベートアドレス 5021

として設定し、AirMacを再起動してみます。ここまでは特に問題なさそう。ただし、AirMacを再起動するとDHCPでダイナミックにIPアドレスを割り当てている場合、ロケーションフリーのIPアドレスが変わってしまうことがあるので注意が必要です。

ということで、AirMacの再起動も終了し、再度ロケーションフリーの設定画面にアクセスします。ここで「NetAVテスト」があるので、これを試してみると‥‥

成功!

どうやらうまくいったようです。「NetAV」のテストに成功したので、恐らく外部からダイナミックDNSでうまく見えているのではないかと思います。

しかしここまできましたが、実際にインターネット経由でストリーミングを見るのは少しお預けです。実はまだこの先を試せていないのです。試す環境がありませんので‥‥。多分、うまくいくはずと思いますが。

ちなみに、RBBで我が家の通信速度を計測してみました(東京大手町サーバ)。Yahoo! BB 12Mですが、

1回目

・下り(ISP→PC) 5.1Mbps
・上り(PC→ISP) 762Kbps

2回目

・下り(ISP→PC) 5.05Mbps
・上り(PC→ISP) 762Kbps

3回目

・下り(ISP→PC) 5.08Mbps
・上り(PC→ISP) 761Kbps

と出ました。下りはともかく、「NetAV」には上下300Kbpsが必要とされているので、これはちょっと期待できる数字です。インターネット経由でも、それなりのスリーミングが期待できそうです。

▼楽天市場で「ロケーションフリー LF-PK1」を見てみる

ソニー ロケーションフリー ベースステーションセット LF-PK1+LFA-PC2

ソニー LF-PK1ロケーションフリーベースステーション
ソニー ロケーションフリー ベースステーションセット LF-PK1+LFA-PC2
ソニーロケーションフリーベースステーションLF-PK1【送料無料】【代引き料無料】
SONY ロケーションフリーペースステーション LF-PK1+LFA-PC2セット