Symantec、PSPを起動不能にする「Trojan.PSPBrick」を警告という記事。

米Symantecは6日、プレイステーション・ポータブル(PSP)のシステムを標的とした悪質なソフトウェア「Trojan.PSPBrick」を警告した。

危険度は5段階中1なので、危険度的には低いです。また感染例も報告されていません。

Trojan.PSPBrickは、PSP上でユーザーが作成したプログラムを実行可能にする「ハックツール」であると偽ったプログラム。実際には、このプログラムをPSPにインストールすると、PSPの動作に必要な4つのファイルが削除され、PSPが起動しなくなってしまうという。

PSPが起動不能になったら、サポートセンターに送るしかないんでしょうかね。しかも自分でインストールしたプログラムのせいですから、有償になるのだろうか。むやみやたらにプログラムをインストールするのは、ちと怖いですね。

PSPはウィルス対策ソフトはないですから、ある意味ではノーガードですからね。

■関連記事

PSPをターゲットにした"トロイの木馬"現る -感染すると再起動不能に

「Trojan.PSPBrick」と命名されたトロイの木馬は、「EXPLOIT 2G PSP Team V1.RAR」という名称の書庫ファイルに混入され、感染するとPSPの再起動に必要なシステムファイルを削除する。

PSPを狙ったトロイの木馬が出現――「自家製コードの利用が可能に」

「これを動かしたために貯金が300ドルほど減った人が確実にいる」とChienは述べ、これはウイルス作者がPC以外のデバイスも狙っているしるしだと付け加えた。