最新ファームウェア「2.00」で実装されたPSPのブラウザ機能(前編)~タブブラウジングやファイルの直接ダウンロードが可能に~という記事。

ブラウザは十字キーでページ内を移動し、L/Rボタンにはそれぞれ「進む」「戻る」が割り当てられている。△ボタンはメニュー表示の切り替えで、○ボタンが決定キー、×ボタンでブラウザの終了が可能だ。ユーザーエージェントは「Mozilla/4.0 (PSP (PlayStation Portable); 2.00)」で、Mozillaをベースにしたブラウザと思われる。

早速、2.00にアップデートしたPSPを田中アップルに見せて貰ったのですが、ページの横幅に画面表示を合わせる「ジャストフィット」機能があったりして、なかなかに見やすい感じです。もちろん、これまでにない操作方法は慣れが必要でしょうが、タブブラウズ機能もあったりと、いかに少ない操作でシンプルに利用するか、も考えられているよう。

ブックマーク機能や履歴、文字サイズの変更といった機能もサポート。JavaScriptも利用でき、キャッシュやプロキシーサーバーも設定可能だ。キャッシュは最大2048KBまで設定可能で、Flashが表示できない以外は一通りのブラウザ機能を搭載していると感じた。

そしてなんと、Google マップまで使えるんですよ! ドラッグでぐりぐりする操作感はもちろん使えませんが、拡大縮小ボタンと東西南北ボタンが出てきて、ローカル検索して地図を移動することができます。これは意外に良いかもしれないぞ?

さらに! GmailもHTMLモードにて利用可能! 確認しました! 若干レイアウトが崩れるものの、Movable Typeの画面も普通に開けます。

「文字入力はソフトウェアキーボードを利用する」ということで、将来的にはミニキーボードなども望まれますが、基本的にはモバイルを考えると十字キーなどでの操作に慣れた方が良さそうです。

いやー、凄いですよ。想像以上に普通のブラウザだし、これで動画配信サービスが始まったら、ゲームマシンではないメディアプレーヤー・ブラウザとしてのPSPの可能性が広がります。今後に期待。

■関連記事

SCEI、ブラウザ機能が追加できるPSP向け新ファームウェアを公開

動画機能は、UMD Videoで採用されているMP4 AVC(H.264)フォーマットをサポート。音楽機能では、メモリースティックPRO DUOへATRAC3 plus形式の音楽ファイル転送が可能になった。

PSPシステムソフトウェア バージョン2.00配布開始――ブラウザが利用可能に

今回のバージョンアップは、番号からも分かるようにメジャーアップデートとなっており、インターネットブラウザが追加されているほか、メモリースティックPRO Duoへの対応やATRAC3 plus形式への対応、WPA-PSK(TKIP)の対応など、かなりの点でアップデートが行われている。

ソニー、PSPへの転送機能などを拡張した「SonicStage」新バージョン

PCのUSBポートに接続した「プレイステーション・ポータブル(PSP)」に対して、ATRAC3 plus形式の楽曲をSonicStageから直接転送することが可能になった。

SCN業績発表、So-netブロードバンド会員が69万人に。Portable TVデモも

今後はPSPのWebブラウザ機能を利用して直接コンテンツをダウンロードする方式も、技術検証終了後に提供を予定する。

「PSP」向け動画ダウンロードサービス「P-TV」でできること

「まだ検証していませんが、UMDと違ってお皿(ディスク)を回す必要がないので、より長寿命になるはずです。そのあたりは是非試してみてください」