今のPSPが2/3の性能しか発揮できていない理由という記事より。

PSPチップは実はスペックの2/3のクロックでしか動作していなかった。今のPSPは、まだフルパフォーマンスを発揮できていないことになる。また、PSPのOSカーネルは32MBのメインメモリのうち、8MBものエリアを占有していた。これは、ゲーム機のOSカーネルエリアとしては、異例に大きい。

3月中旬に開催された「GDC(Game Developers Conference)」で、現行PSPユーザにはショッキングなことが明らかにされました。「PSP Advanced Software Overview」と題されたセッションで、SCEAのMark DeLoura氏は「CPUは333MHzまでのレンジがあるが、現状では222MHzにロックされている。バスは典型的にはCPUの半分(のクロック)なので、111MHzとなっている。CPUを333MHzまで引き上げると決定した時には、バスも166MHzまで引き上げられるだろう」と語ったそうです。

これまでの公式発表では、PSPのCPUコアの動作周波数はコンフィギュラブルで、最大333MHzで動作するはずだった。しかし、GDCでは、PSPのCPUコアは、現状は222MHzに制約されていると説明された。ちょうどスペックの2/3のクロックに抑えられていることになる。また、バススピードも、一昨年のスペック発表時の166MHz(帯域から逆算)から最大111MHzへと後退している。

な、なんですとー!

「今後、65nmプロセスやそれ以降の製造プロセスに移行して消費電力が下がった段階で、333MHzまで向上可能にするのかもしれない」ということで、将来的に333MHzに引き上げられる可能性はあるものの、だとすると現行モデルを手にしている人は333MHzの恩恵には預かれない、ということですよね。「低周波数化は電力節減のため」だそうですが、なんとなく欠陥モデルをつかまされた気分も。これがソニー初物買いの呪いでしたか‥‥。

222MHzロックは、ソフトウェア開発にもある程度の影響を与える。例えば、333MHzまでの周波数が利用できるようになった時点で、フルCPUクロックを使う負荷の高いソフトウェアを作った場合には、222MHzの現行機種との互換性が問題になるケースが出てくる可能性はある。

「しかし、ポジティブに見ると、PSPはスペック的にはまだパフォーマンスを向上させる余地があることになる」ということですが、ユーザとしてはそこまでポジティブに考えられないです。とほほ。