SCEJ、12月発売のPSP用ゲームは21タイトルという記事より。

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ)は、新型携帯ゲーム機のPSP(プレイステーション・ポータブル)用の12月に発売される全21タイトルを発表した。

PSPには興味があるんですが、あまりゲームには興味無し‥‥しかしゲームリストをフォローしておきます。なんとなく予感としては、本体と一緒に何かソフトを購入して、あまりのクオリティに感動してのめり込んでしまうんじゃないかって、凄く怖いなソレ。とりあえず今のところ、心からそそられるゲームというのはなさそうなんですが。

しかし、こういうの(↓)は欲しくなりそうです。

バンダイ、PSP用「映像ディスクシリーズ」を発表 第1弾は「機動戦士ガンダム for PSP(仮称)」

新コンセプト映像ディスクシリーズは、PSP用のメディアであるUMDを使った映像コンテンツソフト。PSPの機能を生かし、動画だけでなく、シナリオや設定資料、メイキング素材などを収録し、それらの情報を検索できる機能を搭載する。

いつ見るのかって? 寝る前に布団の中で精神を落ち着けるために見るに決まっているじゃないか、ぼうや!

子供の頃に見ていたアニメが最近は続々とDVD化されていますが、そういうのを低価格で出されると弱いかも。ボトムズとか、ガリアンとか、レイズナーとか、ダイバインとか。

SCEJ、PSP用4タイトルの新情報を公開 オリジナル新作RPGはレベルファイブが制作

「グランツーリスモ4 モバイル(仮題)」は、PS2で12月3日に発売予定のレースゲーム「グランツーリスモ4」に続く、「グランツーリスモ」シリーズの最新作。PSPという携帯ゲーム機にプラットフォームを移すことから、従来の家庭用ゲーム機にはない、ゲーム体験そのものの根本的な革新を狙うという。PSP版でのオリジナル機能としては、無線LANでの対戦機能を搭載することが明らかにされている。発売日は2005年春。

リアルなクルマ系はちょっと血が騒ぎますね‥‥。

■関連記事

NTTドコモ、PS2やPSPにiモードを使った料金回収代行サービス提供

 「プラットフォーム課金(仮称)」は、iモード公式サイト以外のプラットフォームを通じてコンテンツやサービスを販売した場合に、iモードで料金回収代行を行なうというもの。携帯電話料金とともに支払いが可能になる。