B0076FR33Y

キヤノン、1.5型センサー搭載「PowerShot G1 X」を国内正式発表されました。発売日は2012年3月9日を予定しています。価格はAmazonで67,483円です。

最大の特徴は、新開発の1.5型(18.7×14mm)CMOSセンサーを採用したこと。EOSシリーズが搭載するAPS-Cサイズ相当(22.3×14.9mm)の長辺を短くしたサイズにほぼ等しく、フォーサーズおよびマイクロフォーサーズの17.3×13mmに面積は近い。

フォーサーズ、マイクロフォーサーズより、大きいんですよね。それが、このコンパクトな筐体に入っているんですよ。

「PowerShot G11」を使っていますが、レンズ交換こそできませんが、機能は必要十分ではあります。

レンズは35mm判換算での焦点距離28-112mm相当の光学4倍ズーム。開放F値はF2.8-5.8。絞りは6枚羽根。ステップズームも設定できる。

4倍ズームだとちょっと物足りない気もするのですが、けっこう「PowerShot G11」ではデジタルズームを多用しちゃってるんですけど、いざという時にはそれはそれで便利。

被写界深度をより浅く。一眼レフのようなボケ味」なんていうのも、実現しています。

どのミラーレス一眼を購入するかという悩みもつきない訳ですが、さくっと「PowerShot G1 X」あたりでも、それはそれで手軽に便利なんですよねぇ。

by カエレバ

■関連記事

ASCII.jp:キヤノン史上最高画質の「PowerShot G1 X」を早速チェック!

大きな素子を採用はしているものの、使い勝手の面からはやはり「大きなコンデジ」だ。プロユースにも耐え、チョイ撮りから本格的な撮影までこなせる万能機といえる。シーンによってはAFスピードが遅かったり、マクロ撮影に向かないなどの難点はあるが、仕事もこなせるコンデジとしては最高の出来栄えである。

キヤノン、一眼カメラ並みの描写力を誇る1.5型CMOS搭載「PowerShot G1 X」 | 家電 | マイナビニュース

画像処理エンジンは、「DIGIC 4」の約4倍の情報量の処理や約6倍の速度での処理が可能な「DIGIC 5」を搭載。ノイズのさらなる低減や、画像内のエリアごとに最適なホワイトバランスを実現する「マルチエリアホワイトバランス」を実現した。