2017 04 04 1549

Niantic, Inc.が「ポケモンGO」の新たな「ポケストップ」「ジム」を岩手県・宮城県・福島県・熊本県・京都府に増設することを発表しました。

4月の対象地域は、3月31日に避難指示が解除された浪江町を含む、福島県浜通り地域の4村町(広野町・浪江町・楢葉町・川内村)と、京都府南部の魅力を発信する「お茶の京都博」を4月1日より開催した京都府南部の12市町村のうちの2市(宇治市・八幡市)、また、宮城県の3市町(石巻市・東松島市・南三陸町)です。

1府4県における新たな「ポケストップ」・「ジム」に関する詳細は、以下の通りです。

宮城県
 時期:2017年4月1日
 対象地域:石巻市・東松島市・南三陸町
 ※2016年11月に宮城県が主催したポケストップ追加企画イベント「Explore Miyagi」で参加者が収集した情報をもとに反映。

福島県
 時期:2017年4月1日
 対象地域:浪江町・広野町・楢葉町・川内村

京都府
 時期:2017年4月1日
 対象地域:宇治市・八幡市

熊本県(予定)
 時期:2017年4月中旬以降
 対象地域:八代地域

岩手県(予定)
 時期:2017年4月中旬以降
 対象地域:陸前高田市・大槌町

株式会社ナイアンティックの村井説人社長は次のようにコメントしています。

「このたび、新たなポケストップ・ジムの増設についての取り組みを発表できたことを大変嬉しく思います。先日発表した周遊マップの取り組みや、今回の増設に関する取り組みを通じて、より多くの方々が現地に訪れていただくためのきっかけづくりを支援してまいります。また、今回の取り組みを踏まえ、今後、1府4県以外の新たな地域においても、身の回りのユニークな拠点などの位置情報データベースを拡充していくことを検討し、より多くの方々に楽しんでいただけるようにしたいと考えています」

新しい「ポケストップ」「ジム」が誕生すれば、人の流れに繋がります。

個人的に気になるのは、Ingressのポータルにも反映されているかということなのですが、どうなのでしょうね。

ネタフルの「ポケモンGO」おすすめ記事

【ポケモンGO】より多くのアイテムや通常の2倍の100XPが貰えるポケストップの訪問方法

【ポケモンGO】効率良いレベルアップのために75体のポケモンをしあわせタマゴを使い一気に進化し75,000XP獲得

【ポケモンGO】覚えておくと便利な「ポケモンGO」が捗る操作方法(ポケモンや道具に一発アクセス!)

【ポケモンGO】「ルアーモジュール」の使い方を解説 GO

【ポケモンGO】「ズリのみ」の使い方の解説

【ポケモンGO】「おこう」の使い方の解説

【ポケモンGO】ジムにポケモンを配置してポケコインを貰う方法を解説

【ポケモンGO】イングレスの現役エージェントが30分プレイしてみた結果【遊び方】

「ポケモンGO」ダウンロード

>>Android版

>>iOS版