スポンサードリンク

【ポケモンGO】任天堂岩田社長は「課金をヘルシー(健康的)な水準にとどめたい」と言っていた

スポンサードリンク

Pokemon go 0828

ポケモンGO」に関して、ポケモン側からのインタビュー記事が出てきました。テストをしていた際に、Ingressのエージェントからは辛辣な声が多かったといった裏話や、敷居を低くして間口を広げることにこだわったこと、任天堂の岩田社長が陰ながらプロジェクトを支えていたことなどが語られています。ポケモンGO、爆発力生んだ日米協業の舞台裏という記事です。

宇都宮専務:正直、びっくりしています。課金収益はあまり目標にしていませんでしたが、ダウンロード数は高い数字を目指したいと思っていました。けれども、ここまでのスピードで、ここまで広がるというのは、もうまったくの想定外です。

スポンサードリンク

話をしているのはポケモンの宇都宮専務です。

興味深く感じたところをピックアップしておきます。

・テストでは「ゲームになってないんじゃないの」など辛辣な声が多かった

・社内では「うちの嫁が初めてゲームで褒めた」など声を掛け合った

・イングレスのユーザーが物足りなく感じるのは想定していた

・公園に人が行くように開発していた

・課金をヘルシー(健康的)な水準にとどめたいと岩田社長は言っていた

・「ゲームを家の外に持ち出して、健康的に遊べるようなものにしたい」とハンケは言っていた

・「ポケモンを捕まえるだけでいい」とポケモン石原社長

ぜひ面白いのでインタビュー記事を読んでいただきたいですが「課金をヘルシー(健康的)」というのは名言だと思いました。そして、やはりできるだけゲームの内容をシンプルにして、徹底的に間口を広げようとしていたということ。

テスターをしていたイングレスのエージェントからは確かに「面白くない」という声は聞こえてきていたのですが、それも承知の上だったということですね。実際にそう言われるとかなりへこんだということですが。

後編も楽しみです。

ネタフルの「ポケモンGO」おすすめ記事

【ポケモンGO】効率良いレベルアップのために75体のポケモンをしあわせタマゴを使い一気に進化し75,000XP獲得

【ポケモンGO】覚えておくと便利な「ポケモンGO」が捗る操作方法(ポケモンや道具に一発アクセス!)

【ポケモンGO】「ルアーモジュール」の使い方を解説 GO

【ポケモンGO】「ズリのみ」の使い方の解説

【ポケモンGO】「おこう」の使い方の解説

【ポケモンGO】ジムにポケモンを配置してポケコインを貰う方法を解説

【ポケモンGO】イングレスの現役エージェントが30分プレイしてみた結果【遊び方】

「ポケモンGO」ダウンロード

>>Android版

>>iOS版

スポンサードリンク

前へ

戦ぐ‥‥集く‥‥これは読めない!?簡単な字なのに意外と読めない漢字ランキング

次へ

iPhoneをSIMフリー化するファクトリーアンロックを提供する国内企業が登場