Pokemon go 1338

PokeVision」など「ポケモンGO」でのポケモンの出現場所を表示するサービスが使用不可になりました。「Pokémon GO」開発元、同社API利用の攻略サイトをブロック? 続々閉鎖となる可能性という記事になっていました。

これらサードパーティ製のサービスはオープン当初からAPIへの不正アクセスに当たるのではとの指摘も多々あったが、29日に開発元Nianticの担当者がこれらについて否定的な考えを述べたインタビュー記事がBusiness Insider誌に掲載され、その直後からこれらサイトの利用が不可能になった

非公式ながらサービスが継続していたので、暗黙の了解的に見逃されているのかと思っていたのですが、実はそうではなかった、ということです。

ジョン・ハンケCEOは「ええ、私は嫌いです。面白くないですね」と語っているそうで、ユーザーはマップを使って楽をするのではなく、ソーシャルメディアを検索したり、自分の足を使ってポケモンを探して欲しい、というメッセージなのでしょう。

イングレスもそうでしたけど、今までのゲームと違うのは、こうした不便なところも楽しめるかどうか、なのだと思っています。

ネタフルの「ポケモンGO」おすすめ記事

【ポケモンGO】覚えておくと便利な「ポケモンGO」が捗る操作方法(ポケモンや道具に一発アクセス!)

【ポケモンGO】「ルアーモジュール」の使い方を解説 GO

【ポケモンGO】「ズリのみ」の使い方の解説

【ポケモンGO】「おこう」の使い方の解説

【ポケモンGO】ジムにポケモンを配置してポケコインを貰う方法を解説

【ポケモンGO】イングレスの現役エージェントが30分プレイしてみた結果【遊び方】

「ポケモンGO」ダウンロード

>>Android版

>>iOS版