Pokemon go 6690

ポケモンGO」が日本でリリース後、初のアップデートがきました。アプリのバージョンは1.1.0なのに、0.31.0アップデートとなっているのが、ちょっと「?」ですが、アバターの再編集が可能になったり、マップ表示の不具合が解消されたりしています。ポケモンを博士に送るのも簡単になりました。トレーナーには必須のアップデートです。

アップデートによって解消されるものもあれば不具合が出ていたり、使えていたサービスが使えなくなったりしているようなので、まとめておきます。

アップデート内容

アップデート内容は次のようになっています。

Pokemon go 6689

- トレーナーアバターがプロフィール画面から再編集可能に
- 一部の技のダメージを調整
- ジムのアニメーションを一部調整
- メモリー問題を改善
- 近くのポケモンから足あとを削除
- エンカウント中のバグを修正
- ポケモンの詳細画面を更新
- メダルの画像を更新
- マップの表示の不具合を修正
- 一部テキストの修正

アバターを再編集する方法

トレーナーアバターは最初に決定してそれきりかと思っていたのですが、再編集が可能になりました。次のように再編集します。

Pokemon go 6694

右下にメニューボタンができたので、それをタップします。

Pokemon go 6695

ぼうけんノートの閲覧と、アバターの着替えが可能です。

ポケモンの詳細画面が変更され博士に送りやすく

Pokemon go 6692

ポケモンの詳細画面も、右下にメニューボタンが加わりました。

Pokemon go 6693

お気に入りにするのと、博士に送るへのアクセスが簡単になりました。お気に入りにしているポケモンは、博士に送ろうとするとアラートが表示されます。

その他のアップデート

他には分かりやすいところでは、表示がおかしくなっていたマップの表示が修正されました。

Pokemon go 6696

メダルのデザインも大きく変更されています。

iOS版では不具合のあった「バッテリーセーバー」機能が設定からなくなっていることも確認されました。うまく動けば便利だったのですが。

足あとの削除により使えないサービスが?

正しくは機能していなかったのですが、自分のいる位置からどのくらい距離があるかを「近くにいるポケモン」の「足あと」として表示していたのですが、これが削除されました。

このタイミングでポケモンがどこにいるかを表示する系サービスの「ポケビジョン」やPebbleアプリの「ポケモンGOレーダー」が使用不可となりました。APIが閉じられたのか、位置情報が取れなくなったためだと考えられます。

アップデートで初期化される問題

iOS版をアップデートすると初期化されてしまう問題が確認されており、Potential iOS Login Issue Following Pokémon GO Update Version 1.1.0 (Build 31.0) – Pokémon GOとして公式に対処方法が出ています。Version 1.1.0 (Build 31.0)だったのですね!

Either uninstall and reinstall the Pokémon GO app or sign out of your account (Pokémon GO>Main Menu>Settings>Sign Out)

サインアウトし「ポケモンGO」で使用しているアカウントでサインインすると直るようです。これはGoogleアカウントが複数ある場合に、別のGoogleアカウントでログインすることで発生する問題とのことです。

ネタフルの「ポケモンGO」おすすめ記事

【ポケモンGO】「ルアーモジュール」の使い方を解説 GO

【ポケモンGO】「ズリのみ」の使い方の解説

【ポケモンGO】「おこう」の使い方の解説

【ポケモンGO】ジムにポケモンを配置してポケコインを貰う方法を解説

【ポケモンGO】イングレスの現役エージェントが30分プレイしてみた結果【遊び方】

「ポケモンGO」ダウンロード

>>Android版

>>iOS版