Pokemon go 1137

Apple Watchではないスマートウォッチ「Pebble」にも「ポケモンGO」ブームが到来。「ポケモンGO」に関連するアプリが登場していたので早速、いくつか試してみました。中でも使い勝手が良かったのが「Pokemon GO Radar(ポケモンGOレーダー)」です。「Pokemon GO Plus」の代わりは、君に決めた!?

自分の周囲にいるポケモンの情報(名前、消えるまでの時間、方角、距離)を、手元で確認することができるアプリとなっています。腕時計にインストールれたポケモンレーダーです!

追記:「ポケモンGO」で何らかの変更があり使用できなくなっています。「ポケモンGO」の生みの親、解析ツールPokeVisionを規約違反と明言という記事もありました。

「Pokemon GO Radar(ポケモンGOレーダー)」を試す

インストールして起動した画面がこちらです。

Pokemon go 6669

初起動でいきなりイーブイ!

「え、イーブイ!?」と思い、そちらの方向を振り返り近づいたところ、無事にイーブイをゲットすることができました。地元で初めて見かけたイーブイだったので嬉しいです。

と、こんな風な使い方ができる、Pebble用アプリが「Pokemon GO Radar」です。

データとして分かるのは以下の通りです。

・ポケモンの名前
・消えるまでの時間
・距離
・方角

ポケモンの名前が英語なので、ポケモン初心者には日本語の名前と違ってやや辛いところもありますが、イラストでなんとか解釈しています。方角はリアルタイムで動きます。

Pokemon go 6673

起動していると定期的に周囲にいるポケモンが変わっていきますので、ポケモンレーダーの腕時計として、トレーナーとしては必須アイテムでしょうか!?

「Pebble」とは?

ところで、この「Pebble」という時計はなんなのだということですが、Apple Watchのようなスマートウォッチです。自分でウォッチフェイスをカスタマイズしたり、アプリをインストールすることができます。万歩計のような活動量計にもなります。最も便利なのは、スマートフォンのプッシュ通知を受け取れるところです。

これまでにもイングレスのアプリをインストールするなどしていましたが「Pokemon GO Radar」は久々のヒットアプリかもしれません。とりあえず腕時計(Pebble)をしてアプリを起動しておけば、周囲にいるポケモンが分かるんですからね。

「Pebble」は正式には日本語対応していないのですが、有志の手により「Pebble」用の日本語化パックも提供されています。カワイイのが好きな人にもオススメ。バッテリーの持ちも他のスマートウォッチと比較し、遥かに持ちます。

いま購入するなら、価格も下がっている「Pebble Time」がイチオシです(写真に写っているモデル)。

ネタフルでは次のような記事も書いています。

【ポケモンGO】「ルアーモジュール」の使い方を解説 GO

【ポケモンGO】「ズリのみ」の使い方の解説

【ポケモンGO】「おこう」の使い方の解説

【ポケモンGO】ジムにポケモンを配置してポケコインを貰う方法を解説

【ポケモンGO】イングレスの現役エージェントが30分プレイしてみた結果【遊び方】

「ポケモンGO」ダウンロード

>>Android版

>>iOS版