2011-02-10_1459.png

ファイルを自動でコピーする「Pogoplug」の機能“アクティブコピー”を試してみました。

「Pogoplug」のアクティブコピー機能を利用すると、フォルダAにあるファイルをフォルダBに自動コピーすることが可能です。

早速、試してみました(事前にコピー先のフォルダを作成しておきましょう)。

2011-02-10_1503.png

メニューから「Active Copy」を選択します。

2011-02-10_1504.png

「Set up Active Copy on a new folder」をクリックします。

2011-02-10_1506.png

「From」と「To」のフォルダを選択するだけです。以上、アクティブコピーがスタートします。

フォルダAにファイルを追加すれば、自動でフォルダBにコピー(追加)されます。

(同期ではなくあくまでもコピーなので、フォルダAから削除したファイルも、フォルダBには残り続けます)

開いているフォルダからアクティブコピーを設定することも可能です。

2011-02-10_1509.png

コピーしたいフォルダを開き「Active Copy」をクリックします。

2011-02-10_1510.png

転送先のフォルダを指定すれば、OKです。

2011-02-10_1511.png

ちなみに今回は、1TBのハードディスクに入っているファイルを、SDメモリカードに転送する、という設定を行ってみました。

なお、コピーのタイミングに関する設定はないのですが、入れたらすぐに反映された、という感じでした。

なお、デスクトップ版ソフトでもアクティブコピーの設定が可能です。その場合は、ローカルのディスクにあるファイルを「Pogoplug」上のフォルダにコピーすることになります。

2011-02-10_1513.png

ただ残念ながらぼくの環境では、アクティブコピーを開始した時やソフトを起動した時にはコピーが行なわれるのですが、しばらくそのままにしてもコピーは行なわれませんでした。

「Pogoplug」には4つまでUSBハードディスクを接続することが可能ですが、アクティブコピーはディスクを越えたコピーも可能なので、バックアップ的にも使えるようです。

ネタフルでは「Pogoplug」について、次のような記事を書いています。

HDDを接続するだけで超簡単にパーソナルクラウドを構築できる「Pogoplug」発表会レポート #pogoplug
信じられないほど簡単セットアップの自宅サーバ(NAS)「Pogoplug」はベリーシンプル!!
「Pogoplug」ツイッターで写真をサクッと共有してみた
「Pogoplug」iPhoneアプリから写真や音楽を試してみる
「Pogoplug」Mac版ソフトをインストールしてデスクトップに自宅のハードディスクをマウント
「Pogoplug」I-O DATAの1TBのUSBハードディスクをセットアップしてポゴる
「Pogoplug」iPhoneアプリから画像をアップロードする
「Pogoplug」メール送信でファイルをアップロードしてポゴる
「Pogoplug」グループで利用できる共有フォルダを作成する方法
「Pogoplug」フォルダAからフォルダBにファイルを自動コピーするアクティブコピー
「Pogoplug」iTunesフォルダを同期し3G経由でiPhoneで音楽を聴く
PogoplugプッターマンCEO「事業が継続できなくなったらPogoplugのソースコード全てオープンソース化する」
アメリカで販売されている家庭向けNAS「Buffalo CloudStor」は“Pogoplug”の機能を搭載

Pogoplug ブラック POGO-P25

B004K1ELFA