Pebble time belt 0509

【Pebble Time】Apple Watchのエルメス・カフがいいなー、と思ったので、交換ベルトを購入してみた。【22mm】という記事を書きましたが、ものが届いたので早速、ベルト交換をしてみました。その方法をご紹介します。

「Pebble Time」ベルト交換する方法

「Pebble Time」は22mm幅であれば、ベルトを交換することができます。今回、新たに購入したのはこちらのベルトです。

Apple Watchのエルメス・カフ風です。

すぐに商品は届きました。入っていたのはこちらです。

Pebble time belt 0496

交換ベルトの他、説明書や交換のためのキットが入っています。

Pebble time belt 0498

これが交換キットですが、バネ棒を取り付けやすくするための、千枚通しのような道具が入っていました。

Pebble time belt 0499

交換ベルトです。3枚から構成されています。

Pebble time belt 0500

「Pebble Time」です。

Pebble time belt 0501

裏返すと「Pebble Time」は器具を使わずに、簡単にバネ棒を交換できるようになっています(バネ棒を簡単にスライドできるようになっている)。

Pebble time belt 0502

簡単にベルトが外れましたが、一つ誤算だったのは、新しいベルトにはバネ棒が入っていなかったことです。

一緒に購入される商品としてこれが推奨されていたのですが。

なるほど、そういうことでしたか。バネ棒を求めて時計屋に行ったところ、22mmサイズは1本200円でした。2本で400円。ちなみにバネ棒セットは440円。こんなにバネ棒は必要ないのですが、買いに行く手間を考えたら、注文してしまった方が良いのでしょうか。

Pebble time belt 0505

ということで、バネ棒を購入してきました。

Pebble time belt 0506

ベルトに通していきます。このあたりの作業をする時は、専用の器具があるとやりやすいかもしれません。

Pebble time belt 0507

バネ棒もうまく通り、これで完成です。ものの数分です。ベルト交換て、超簡単なんですね。

Pebble time belt 0508

腕に取り付けてみた感じも、もっとゴワゴワすると思ったのですが、非常に良いつけ心地です。安心感のあるような。

Pebble time belt 0510

きっと、これからもっと腕にも馴染んでいくことでしょう。色合いが変わっていくのも楽しみです。

Pebble time belt 0512

充電する部分が本体裏側なので、革で塞いでしまうのは心配だったのですが、簡単にスペースを空けることができたので、こちらは杞憂でした。

標準のベルトで使うのも良いですが、交換すると簡単に自分好みの「Pebble Time」になりますね!