2015 07 14 1207

すっかり手放せなくなったスマートウォッチ「Pebble Time」ですが、Apple Watchは見送ったけどこちらなら検討したい、という声も聞きます。Apple Watchほど高価・高機能ではありませんが、機能に見合った価格で、時計としての基本機能もしっかりしているのが「Pebble Time」の良いところだと思います。

ネタフルでも「Pebble」カテゴリーでレビュー記事をいくつも書いてきましたが、他の人が書いたレビューもありますのでご紹介します。導入を検討している人には、参考になると思います。

記者の眼 - 7日間充電不要!「理想に近い」スマートウオッチを使ってみた:ITpro

Apple Watchと違って、防水性能も高いので、シャワーや風呂にも、持っていける。防水は最大で水深30mまで対応しているとのことだ。2万円の周辺機器というのは少々高い気もするが、久しぶりに便利さを感じている。

こちらの方はAndroid端末が手元になくて日本語化はされていないそうですが、もし少しだけ貸してくれる友人がいれば、Bluetoothで連携して日本語化パックをインストールするのは難しくありません。「Pebble Time」日本語化する方法という記事を参考にしてください。

Pebble Timeを3週間使った感想 | kwLog

だいたい5日くらい持つ。Pebble Timeはバッテリー容量が残り20%、10%で通知をしてくれるが、今は家でしか充電していないので20%以下になったら充電している。

ぼくも時計として使うならば、バッテリーが4〜5日持つのは必須だと考えています。iPhoneを毎日充電するのとは、やはり違うと思うんですよね。時計して毎日つけるという点からも、Pebble Timeはオススメです。

ネタフルでは「Pebble」腕時計の良さを再認識したのでスマートウォッチを購入してみた「Pebble」腕時計の良さを再認識したのでスマートウォッチを購入してみたといった記事が参考になるでしょうか。

「Pebble Time」はコチラで予約受付中です。

「Pebble」カテゴリーの他の記事もぜひ参考にしてください!