2015 05 22 1116

いやーん、これから「Pebble」の第2章が始まるところなのにー。

「Pebble Time」で2,000万ドルを集めたものの「成長を維持する上で困難」に遭遇し、破綻の危険もあると、スマートウォッチのPebble、2000万ドルを集めながら破綻の噂という記事になっていました。

会社に近い筋によると、同社は成長を維持する上で困難に遭遇し、Sillicon Valley銀行に500万ドルの融資および500万ドルの与信枠を要望した。シリコンバレーのベンチャーキャピタルらは、同社からの新たな資金調達要求を却下している。

とりあえず「Pebble Time」に関してのメールは届いてますし、もう少しで出荷が近そうなので心配はしていないのですが、さらに進化していくためには、やはり会社には存続して貰わないと困ります。ただ、150人の従業員というのは、ちょっと多すぎるような気もしますね。

情報筋の話として「多くの従業員が、Apple、Androidその他のライバルに直面するにつれ、会社の方向性に不満を感じている」ということも紹介されているのですが、恐らく会社の方針に不満を持つ人が、こうした話を外部に漏らしているのでは、という気がしますね。

こうした噂話が出てくるほどには「Pebble」も大きくなってきたと思うことにしましょう。

ネタフルでは次のような記事を書いています。

「Pebble Time」カラー表示でも1週間駆動するPebble発表

「Pebble Time」こんなことが可能になるというGIFアニメーション

「Pebble Time」48時間で前回のKickstarterでの記録を更新

【Pebble Time】カラー液晶でこんなゲームもプレイできるようになっている

「Pebble」関連記事

「Pebble」腕時計の良さを再認識したのでスマートウォッチを購入してみた

【Pebble】購入からのセットアップ!小さくてチープでiPhoneと通信しながら頑張ってる雰囲気がたまらない!

【Pebble】Ingressエージェントは必携のスマートウォッチ!だと思う

【Pebble】このチープなワクワク感は初期のMacに通じるものがある!

【Pebble】ついに日本語化が実現!有志が日本語言語パックをリリース