Pebble 0121

これまでカスタムファームウェアにより日本語化を実現していた「Pebble」ですが、一部の文字化けは残ってしまっていました。しかし、韓国人の作者により日本語言語パックがリリースされ、より多くの文字を搭載し、さらにメニューも日本語化が実現しました。これで日本でも普通に「Pebble」が使えるようになるのではないでしょうか!

「Pebble」日本語化のための日本語言語パック

経緯は、Pebble待望の日本語化!有志による日本語言語パックの発表でついに日本語利用可能に! - Getting My Life Betterという記事でまとめられていますが、公式に中国語に対応したことを受け、これをベースに作者が韓国語対応を実施、さらには日本語対応も行ってくれたというものです。

つまりは非公式な日本語化ということにはなりますが、こうした黎明期のガジェットにはよくある話‥‥でして、あくまでも自己責任ということにはなるのですが、普通に日本語で使えて嬉しい限りです!

「Pebble」日本語化の手順

早速「Pebble」を日本語化したい人は、Pebble 日本語言語パック / Pebble Japanese language packにアクセスしてください。言語パックのダウンロードからインストールがありますので、iPhoneのSafariでアクセスすると良いでしょう(Androidもウェブブラウザーでアクセスすれば大丈夫なはず)。

すべてのフォントにTwitterの出現漢字TOP3000文字サポート、全角記号追加、日本語フォントサイズ縮小(24,28pt)。

Pebble 0137

こちらで手順が紹介されていますが、既にカスタムファームウェアを利用していた人は、リカバリーモードから英語ファームウェアに戻した後に、日本語言語パックをインストールする必要があります。

Pebble 0140

リカバリーモードにするには「左のBack, 右のUp, Select ボタンを30秒間押さえたら Loading画面のあと、Recoveryモードに進入」という手順です。Loadingが表示されたら、手を離しても大丈夫です。

英語ファームウェアに戻ったら、ページ内にある「pbJapanese_j03.pbl (すべての機種)」のリンクをクリックし、インストール作業を実行します。作業自体は数分で完了すると思います。詳しい手順は、Discipline: Pebble非公式日本語化手順/2015/03/31時点での最新情報でもまとめられています。

あなたの「Pebble」も日本語に!

Pebble 0119

メニューが日本語になります! ずっと英語で使っていたので「音楽」とか「アラーム」とか、ちょっと違和感がありますが、このあたりは個人の好みということですね。

Pebble 0120

iPhoneに届くプッシュ通知を「Pebble」で受信していますが、ちゃんと日本語で表示されます。そのまま内容を確認することができます。

Pebble 0122

Ingressでポータルが攻撃を受けているという通知もバッチリですよ。

Pebble 0123

特に嬉しいのは、Evernoteで普通に日本語が使えるようになったことでしょうか。簡単なメモを同期しておくと、iPhoneを取り出すことなく確認することができるようになりますね。工夫したら、飛行機に搭乗するためのQRコードも表示できるようになるかなぁ。

Pebble 0124

Evernoteのチェックリストは、特に便利に使えそうですよ。

日本語表示できるアプリに関しては、Heejun Kim氏の日本語言語パックのお陰で、ファーム自体の機能は日本語化されたわけで、大変喜ばしいことです。 ...でまとめられつつあります。

「Pebble」日本語言語パックの作者であるCryingneko氏に感謝です(ぜひドネーションで協力を)。また、日本語カスタムファームウェアを公開してくださっていたtexpress氏にも感謝申し上げます。ありがとうこざいました!

「Pebble」の優位性はバッテリーの持ち?

もうすぐ「Pebble Time」と「Apple Watch」がリリースされます。App Storeからは次々にアプリが「Apple Watch」に対応したというアップデート通知が届くのですが、恐らくiPhoneとの連携は非常に使いやすいものになるでしょう。素晴らしい体験だと思います。ただ、どうしても1日に1回の充電を必要とするというのは、時計としてどうなのかなぁ、という思いがあります。

「Pebble」を4泊5日の旅行に連れて行きましたが、旅の終わりでバッテリー残量は50%台で全く充電を必要としませんでした(海での水遊びも防水で問題なし)。バッテリーの持ちを気にしながら使うのは「Pebble」に慣れてしまうとちょっと厳しいかなぁ、というのが、現時点での感想です。

ただiPhoneの各種アプリと「Apple Watch」の連携の良さも気になるのですよ。そのあたりも「Pebble」が進化していく上で重要なポイントかな、と思ったりしています。まあ、時計でどこまで何をやるのか、という議論はあるかと思いますし、とりあえずプッシュ通知があれこれ届くだけでも便利なんですけどね。

ということで「Pebbleは日本語の取り扱いがな‥‥」と思っていた人には朗報ではないでしょうか。もちろん、既存ユーザーにとっても超嬉しいニュースでした!

追記:「Pebble Time」日本語化する方法という記事も書きました。

Pebble E-Paper Watch for iPhone and Android 【Kickstarterエディション】 (ブラック)並行輸入品

B00BKEQBI0

Pebble Smartwatch for iPhone and Android ( ブラック / レッド ) 並行輸入品

B00EULMBZC

「Pebble」関連記事

「Pebble」腕時計の良さを再認識したのでスマートウォッチを購入してみた

【Pebble】購入からのセットアップ!小さくてチープでiPhoneと通信しながら頑張ってる雰囲気がたまらない!

【Pebble】Ingressエージェントは必携のスマートウォッチ!だと思う

【Pebble】このチープなワクワク感は初期のMacに通じるものがある!

【Pebble】日本語化の方法【超簡単】

「Pebble Time」カラー表示でも1週間駆動するPebble発表

「Pebble Time」こんなことが可能になるというGIFアニメーション