Pebble 6962

やっとスマートウォッチ「Pebble」が届きました! 先方の発送ミスがあったらしく、問い合わせをしたら速やかにシンガポールが送られてきました。iPhoneを経由してネットと繋がっているのですが、いやー、いいですね、このチープな感じ。なんでも出来る、じゃなく、出来ることに限界がある、そこに挑戦する、という感じ、大好きです。早速、開梱からセットアップしてみたのでレポートします。

ここまでの経緯は以下の記事をご覧ください。「Pebble」ってなんだ? という方も、こちらからご確認ください。

「Pebble」腕時計の良さを再認識したのでスマートウォッチを購入してみた

「Pebble」開封の儀

Pebble 6955

シンガポールから郵便で送られてきました。問い合わせをしたら発送されたのが12月18日だったので、1週間とかからずに届いたことになります。なかなか早いですね。

Pebble 6956

パッケージの裏側です。

Pebble 6957

対応機種などが書かれています。iOS 5以降ならiPhone 3GSでも良いということなので、対応機種は幅広いです。

Pebble 6958

パッケージの開け口です。ジッパーのようなデザインになっていて、ここをビビビビッと開けていきます。素敵なデザインですね。

Pebble 6959

ドーン!

説明書は一切なし!

Pebble 6961

サイトにアクセスして、アプリをダウンロードしてね、という感じです。ぼくは事前にアプリをダウンロードしていたので、すぐにペアリングができます。

Pebble 6960

待望の赤い「Pebble」です。やった!

Pebble 6963

これは専用の充電ケーブルです。防水のため、汎用性のあるUSBケーブルではありません。

Pebble 6973

じゃじゃーん。本体を取り出してみたところ。プラスチックなので、ちょっとおもちゃみたいです。液晶はモノクロ。その代わり消費電力が少なく、一度充電すると数日間は使えるそうです。

Pebble 6974

左側。充電端子が見えます。左にあるボタンは、Androidで言うところのバックボタンの役割を果たします。

Pebble 6978

充電ケーブルと並べてみたところです。

Pebble 6976

右側。ボタンはアップ、決定、ダウンの機能があり、メニューを操作するのに使います。

Pebble 6975

背面。シリアルナンバーが書かれています。日本語化ファームウェアをダウンロードするのに必要になります。

「Pebble」セットアップしてみる

Pebble 6979

ほとんどバッテリは空だったので、充電しながらセットアップを行いました。

Pebble 6980

「Pebble」を起動し、iPhoneでアプリを起動すると、Bluetoothでペアリングを行ないます。

Pebble 6981

iPhoneから「Pebble」が見つかると、一覧に表示されます。

Pebble 6982

Bluetoothでペアリングします(お互いを認識する作業)。

Pebble 6983

ペアリング完了です!

Pebble 6984

すぐにソフトウェアアップデートがかかりました。iPhoneでアップデータをダウンロードし、それをBluetooth経由で「Pebble」にインストールします。

Pebble 6985

アップデートが完了するのを、しばし待ちます。

Pebble 6987

アップデート完了です!

これで「Pebble」が使えるようになりました。

「Pebble」アプリで解説を読む

Pebble 6988

続いて、アプリでは使い方のガイダンスが行われます。英語ですが、そんなに難しくはないと思います。

Pebble 6990

とりあえず、最近、使い始めた位置情報系サービス「Swarm」のアプリをインストールしてみました。「Pebble」でインストールできるアプリは8つまでのため、入りきらないアプリはLOCKERに入れておきます。

Pebble 6991

アプリでは次のようなことが可能です。

「MY PEBBLE」インストールしているアプリの管理

「GET WATCHFACES」時計の盤面のダウンロード

「GET APPS」アプリのダウンロード

「Pebble」はスマートウォッチと言ってもウォッチですから、アプリとは別メニューとして盤面のダウンロードがあるのが特徴です。

Pebble 6992

アプリは本当に数が多く、どれをダウンロードして良いのか悩みます。とりあえず目に付いたものからダウンロードして試してみようと思いますが、Ingressのタイマーや歩数計、計算機やカレンダーなどの詰め合わせアプリをインストールしてみました。

「Pebble」ファーストインプレッション

とりあえずiPhoneからの通知を受け取るようにしているのですが早速、Ingressからポータルが破壊されているという通知が届きまくっています。基本的には音は鳴らず、バイブレーションのみなので、ブルブルしまくっています。他にはFacebookやSwarmの通知も届きます。

とりあえず英語のみでいいかと思っていたのですが、通知の内容がさっぱり分からないことがあるので、日本語化にも挑戦しました。別記事で書きますが、驚くほど簡単でした。完全に日本語にはなりませんが(フォントの関係で表示できない漢字がある)、なんとなく内容をイメージできるようになりました。

最初にも書きましたが、チープでパーソナルな雰囲気がとても気に入りました。小さいのに頑張ってる! そんな感じがとても素敵です。「いまさら腕時計!?」と思う方もいるかもしれまんが、以外に便利なんですよ、時間がサクッと分かるのって。

【Pebble】「CloudPebble」クラウドのアプリ開発環境なんていう記事も書いていますが、いずれはアプリ開発にも挑戦したいと思っていますよ。

ちなみに、公式サイトでの価格は99ドルです。送料は無料ですが、最近のレートだと12,000円くらいでしょうか。であるならば、Amazonあたりで購入してもいいのかな、と思ったり。

同じくレッドモデルは15,200円です(送料は関東が378円)。

Pebble Smartwatch for iPhone and Android ( ブラック / レッド ) 並行輸入品

B00EULMBZC

ブラックモデルは17,000円。

Pebble Smartwatch Black【iPhone & Android対応 スマートウォッチ】並行輸入品

B00H7ASLVG

円高進行してAmazonも少し値上がりしたような? 到着が待てるならば公式サイトで購入するのが吉です‥‥と思って改めて確認したら、DHLの出荷(到着が早い)も月末まで無料になってた! これはお得!

「Pebble」関連記事

ネタフルで書いている関連記事は「Pebble」からご覧ください!